ASUS、国内向けにZenFone 3シリーズ正式発表、auVoLTE・CA・DSDS対応で税別39,800円、最上位モデルは89,800円

ASUSは、9月28日(火)14:00よりZenvolutionを開催。国内向けにノートパソコンの「ZenBook 3」および、スマートフォンの「ZenFone 3」シリーズを発表。ここではZenFone 3シリーズと関連製品(アクセサリなど)をご紹介。

■ASUS:国内向けにZenFone 3などを発表
ASUS:国内向けにZenFone 3などを発表

販売価格:ZenFone 3が税別39,800円、ZenFone 3 Deluxeが55,800円と89,800円

Zenvolutionにて発表されたZenFone 3シリーズは、ZenFone 3(5.2インチモデル)、ZenFone 3 Deluxe(5.5インチモデル)、ZenFone 3 Deluxe(5.7インチモデル)の3機種。発表された3機種の価格は以下。

■ZenFone 3シリーズ:日本向けラインナップ
ZenFone 3 (ZE520KL):39,800円 – 10月7日発売予定
ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL):55,800円 – 10月下旬以降発売予定
ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL):89,800円 – 10月下旬以降発売予定
※価格は税別

国内発表されたZenFone 3シリーズは、最も安いZenFone 3 (ZE520KL)が39,800円、ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)が55,800円で、最上位モデルのZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)は89,800円。最上位モデルがその他機種と比べてかなり価格設定が高くなっているのも一つの特長と言える。

■ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)は税別89,800円
ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)は税別89,800円

最上位モデルのZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)は、CPUにSnapDragon 821を採用・RAMが6GB・ストレージが256GBとなっており、スペック的には非常にハイスペックなモデルと言える。ただし、価格的にはiPhone 7の128GBモデル(83,800円)と256GBモデル(94,800円)の間になることを考えると「とにかくスペック重視」あるいは「ASUSのハイエンドモデルが好き」というユーザ以外には手が出にくく、あくまでも最上位モデルは「見せ球」的な位置づけとも言える。

と言うのも、ZenFone 3 Deluxeの上位モデルはZenFone 3シリーズのポイントであるauVoLTEに非対応となっており、今後の対応予定についても「未定」という渋い回答(ASUSスタッフ)だったため、あくまで「より上位モデルはこんなにスペックが高い」ということをアピールする役割も大きいように思う。

auVoLTE対応&DSDSでマルチキャリアでより使い易く

ZenFone 3シリーズは、auのVoLTEサービスに対応。3G網を使った音声通話と比べて、高品質な音声通話が利用可能となるほか、4G LTEデータ通信を行いながら音声通話が利用可能となる。

■auのVoLTE対応
auVoLTEをサポート
※ただし、前述の通りZenFone 3 Deluxeの最上位モデルはauVoLTE非対応

ASUSのauVoLTE対応はZenFone Goに続くもので、ZenFoneシリーズとして初ではないけれど、ZenFone 3シリーズではDSDS(Dual SIM Dual Standby)に対応するため、片方のSIMスロットをauの4G LTE(VoLTE)対応SIMカードで使い、もう片方のSIMスロットでドコモ(およびそのMVNO)のSIMカードで使うなどの使い方が実用的になる。

また、MNOとそのMVNOを組み合わせての利用もDSDSによって実用的になる。例えば、片方のSIMスロットにMNOの音声通話定額SIMカードを、もう片方のSIMスロットにはMVNOのデータ通信専用SIMカードを利用することで、データ通信にはMVNOのSIMカードで4G LTEデータ通信を利用しながら、別のSIMカードで音声通話の着信を待受することが可能となる。
※従来のDSDS対応端末では「両方のSIMスロットが3G以上の同時待受に非対応」となっていたため、2Gサービスが提供されていない日本での実用性がイマイチだった。

両方のSIMカードで同時に3G以上の待受が可能となる機種の国内向け第一弾はMOTOROLAが発売しているMoto G4 Plusで、次いでZTEよりBLADE V7 MAXが発売されているため、ZenFone 3は国内向けに発売される機種で3G以上のDSDSをサポートする「第三弾」機種となる。

ZenFone 3シリーズは、2016年5月末に発表済みであり、その時点で3GのDSDSをサポートすることが明らかになっていたため、ASUSのZenFone 3シリーズが国内向けに投入される最初のDSDS対応機(3G以上の)になる可能性が高かったけれど、発売タイミングが遅くなったことによって、国内初のDSDS対応機種では無くなってしまった点は少々インパクトに欠ける。

ZenFone 3 Ultraも国内販売予定

Zenvolutionのプレゼンテーションでは、今回の発表に含まれなかったZenFone 3 Ultra・ZenPad 3・ZenWatch 3の3製品を今後投入予定であることが明らかにされており、今後もASUSのZenFone 3シリーズならびに関連製品の投入が期待できる。

特に、ZenFone 3 Ultraに関しては国内向けに発売される同クラスのスマートフォンが少ないため、Xperia Z Ultraの後継機種として期待をしているユーザも多いように思うので、今後の正式発表に期待したいところ。

香港の無料SIM「i-Sim」がサービスリニューアル、日本・香港・マカオ・タイ・台湾の4G LTE使い放題サービスへ

香港で使える無料SIMカード「i-Sim」は、利用可能エリアを香港・マカオ・日本・タイ・台湾の5つのエリアに拡大予定、更に4G LTEのデータ通信にも対応する方針であることが、提供中のアプリケーションの更新内容から判明。ただし、4G LTEのサポート&対応エリア拡大が無料サービスとして提供されるのか、有料サービスとして提供されるのかは不明。
※i-Simは香港で使えるサービスを無料、香港・マカオ・台湾で使えるサービスを有料サービスとして提供していた。

■i-Simが4G・LTE対応&対応エリアを拡大
香港の無料SIM「i-Sim」が4G LTEをサポート対応エリアは香港・マカオ・日本・タイ・台湾に拡大詳細は「Coming Soon」で不明

i-Simはネットワークおよび対応エリアの拡大に向けてサービスを一時中断しており、2016年9月末までに再開予定であることをWebサイトにてアナウンスしており、近日中にサービスの詳細がアナウンスされるものと思われるので、追ってご紹介予定。

i-SimのWebサイトは以下にて。
Home – i-Sim a Free Sim Card

SIMロック解除したGalaxy S7 edgeを台湾モバイルのプリペイドSIMカードで使う – 4G LTE通信、テザリング利用ok

SIMロック解除したドコモのGalaxy S7 edge SC-02Hを、台湾の通信事業者「台灣大哥大」(台湾モバイル)にて使用してみた。

■SIMロックを解除したGalaxy S7 edgeを台湾モバイルで使う
SIMロックを解除したGalaxy S7 edgeを台湾の通信事業者「台湾モバイル」で使う

台湾モバイルのプリペイドSIMカードは、従来より契約を維持しているカードがあったので、そちらをオンラインでトップアップして4G LTEの使い放題プランを台湾に到着する前に購入しておいた。

桃園空港内にある台湾モバイルのカウンターにてプリペイドSIMカードを購入することができるので、台湾を初めて訪問する方や、過去に使っていたプリペイドSIMカードの有効期限が切れてしまった方は、カウンターにてプリペイドSIMカードの購入を。

■台湾モバイルのプリペイドSIMを販売するカウンター(桃園空港 第二ターミナル)
台湾モバイルのプリペイドSIMを販売するカウンター(桃園空港 第二ターミナル)

■台灣大哥大:空港で購入できるインターネット使い放題プラン
台灣大哥大:空港で購入できる4G LTE無制限プランに30日プランを追加

ドコモのGalaxy S7 edgeを台湾モバイルのプリペイドSIMで使う場合、APN設定が必要となる。台湾モバイルのAPN設定内容は以下。

■台湾モバイル APN設定
APN:internet
ユーザ名:なし
パスワード:なし

上記のAPN設定を完了させると、すぐにインターネット接続が利用可能となる。

2016年9月現在、台湾モバイルが4G LTE向けに使用している周波数は1800MHz帯(B3)と、700MHz帯(B28)の二つで、Galaxy S7 edgeはこの両方をサポートしているため、台北市内に滞在中は常時4G LTEでのデータ通信が可能だった。

台湾モバイルは、キャリアアグリゲーションによって下り最大225Mbpsのサービスを提供しており、プリペイドSIMでも下り最大225Mbps対応サービスを利用可能。ただし、Galaxy S7 edgeに関してはB3とB28のキャリアアグリゲーションの組み合わせに非対応となっているようで、台北滞在中にキャリアアグリゲーションが有効になることが無かった。それでも、通信状態が良ければ下り通信速度が100Mbpsを超えることもあるなど、通信品質には概ね満足。

■通信状態が良ければ下り100Mbps越えも
通信状態が良ければ下り100Mbps越えも

また、Galaxy S7 edgeでのテザリングに関しても問題無く利用することができたので、Galaxy S7 edgeでテザリングを有効にして、PCや他のスマートフォンから接続するための回線として大いに役立った。

■Galaxy S7 edge + 台湾モバイル:テザリングもok
Galaxy S7 edge + 台湾モバイル:テザリングもok

ドコモの販売する機種では、従来は「テザリングはドコモのSIMカードでのみ動作する」という挙動になっていたものの、SIMロックを解除して海外SIMを入れて使う場合はテザリングが利用可能な機種が増えているほか、Galaxy S7 edgeでは国内MVNOのSIMカードを利用してのテザリングも可能になっている。

国内MVNOのSIMカードを使ったテザリングに関しては、ケータイWatchに記事が掲載されているのでご紹介まで。

ドコモ版Galaxy S7 edgeのテザリングは格安SIMや公衆無線LANにも対応 – ケータイ Watch

国内版ZenFone 3はau VoLTE・DSDS・CA対応、税別39,800円で10月7日発売か

ASUSは、9月28日(水) 14:00より「ZenVolution」の開催を予告。ZenFone 3シリーズやZenBookなどの製品を発表する見込み。

9月27日(火) 21:00の時点で、ASUSの公式サイトでは製品型番などを検索するとプレスリリースや端末情報などの一部が表示されるようになっており、9月28日に開催されるZenvolutionで発表予定の機種情報が一部閲覧できるようになっている。

ASUSのWebサイトによると、ZenFone 3シリーズは5.2インチの「ZenFone 3」の5.2インチモデル(ZE520KL)が10月7日から税別39,800円にて発売される模様。また、キャリアアグリゲーションおよびau VoLTEへの対応や、デュアルSIMの両方のSIMスロットで4G LTEと3Gを同時待受するDSDSをサポート。

■ASUS:ZenFone 3 5.2インチモデルは税別39,800円より
ASUS:ZenFone 3 5.2インチモデルは税別39,800円より

■ASUS:ZenFone 3はキャリアアグリゲーション・DSDS・auVoLTE対応
ASUS:ZenFone 3はキャリアアグリゲーション・DSDS・auVoLTE対応

■ZenFone 3シリーズ国内価格
ZenFone 3 Laser(ZC551KL):投入不明
ZenFone 3 5.2インチモデル(ZE520KL):39,800円
ZenFone 3 5.5インチモデル(ZE552KL):投入不明
ZenFone 3 Deluxe 5.5インチモデル(ZS550KL):55,800円
ZenFone 3 Deluxe 5.7インチモデル(ZS570KL):89,800円
ZenFone 3 Ultra(ZE680KL):投入不明
※価格は税別

ZenFone 3シリーズは国内外で複数のモデルが発売されているものの、国内向けに発売予定であることが確認できたのはZenFone 3の5.2インチ・5.5インチモデルおよび。ZenFone 3 Deluxeの5.5インチ・5.7インチモデルのみ。台湾などで発売されているZenFone 3 Ultraについては情報が確認できなかった。

■台湾向けのZenFone 3シリーズ
台湾向けのZenFone3シリーズ

■ZenFone 3 Ultra(台湾)
ZenFone 3 Ultra

上記の情報は公式サイトに掲載されているプレスリリース(の一部)の情報を元にしているけれど、正式発表までに変更(や、こちらの勘違い)があるかもしれない点はご注意を。

台湾のZenvolutionの参加レポートは以下にて。
ASUS、ZenFone 3/3 Deluxe/3 Ultra、Transformer 3 Pro、ZenPad 3S 10を正式発表 – ASUS台湾の「Zenvolution」レポート | shimajiro@mobiler

ASUSのFacebookページでのイベント告知は以下にて。
※ライブ配信もFacebookページにて公開される予定。

ピーチ:沖縄発着の国際線3路線が対象、24時間限定セール開催!

関空を本拠地とするLCC、Peach(ピーチ)は沖縄(那覇)発着の国際線3路線が片道2,990円からとなる24時間限定セールを開催。販売期間は2016年9月28日(水)のみ。搭乗期間は2016年10月24日から2017年1月28日まで。

限定24時間セール 9/28 | Peach Aviation
ピーチ:沖縄発着の国際線3路線が対象のセール!

■販売期間
2016年9月28日(水) 00:00 – 23:59

■搭乗期間
2016年10月24日 – 2017年1月28日

■対象路線&価格
沖縄(那覇) – ソウル(仁川):片道2,990円より
沖縄(那覇) – 香港:片道3,990円
沖縄(那覇) – 台北(桃園):片道2,990円より
※空港使用料&支払手数料別途必要

セール対象路線は沖縄(那覇)発着の国際線のみで、国内線についてはセール対象外。対象路線は少なめだけれど、セール価格も極端に安くなってはいないので、セール対象座席さえあれば比較的予約はし易いセールとなりそう。

【台北】國光客運の台北西駅B棟が台北バスターミナルへ移転

台湾の國光客運は、2016年9月28日(水)05:00より、台北西站B棟(台北西駅B棟)を出発するバスのうち、台中より南へ向かう路線を臺北轉運站(台北バスターミナル)へ移転することを発表。

台北駅の地下街を経由して両ターミナルを移動してみたところ、所要時間は徒歩で約15-20分となっていたので、國光客運のバスで台中・台南・高雄などへ移動する方はご注意を。
※距離的には地上ルートでもっと短いルートはありそうだけれど、雨の日に移動することを考えて地下を歩いてので、参考まで。

國光客運のWebサイトでのお知らせは以下にて。

國光客運 KUO-KUANG eBus
國光客運:台北西駅B棟→台北バスターミナルへ移転

ターミナル移転を前に、台北西駅B棟では移転に伴う告知が行われていた。

■國光客運:台北→台中以南路線の乗り場が台北バスターミナルへ移転
國光客運:台中以南路線の乗り場が台北バスターミナルへ移転

台北バスターミナルは、國光客運に限らず複数のバス会社が各方面へ向かうバスを運行している。台北バスターミナルでは、最初に1Fにあるチケットカウンターでチケットを購入後、各フロア(2F〜4F)へと移動してバスに乗り込む形になる。「最初に1Fでチケットを購入する」を理解していないと、各フロアをムダに移動してしまうことになるので注意。

■台北バスターミナル:チケット売り場
台北バスターミナル:チケット売り場

■台北バスターミナル:出発ロビー
台北バスターミナル:出発ロビー

國光客運は、台北駅→桃園空港間のバス(1819系)の深夜出発便を台北西駅B棟より出発(それ以外の時間帯はA棟から出発)しており、LCCの深夜・早朝便を利用する方でこちらのバスに乗って桃園空港まで移動する方も少なくないかと思う。こちらのバスの扱いに関しては不明。スタッフに確認したところ、1819系で深夜出発のバスは台北西駅B棟→台北西駅A棟へ移転とのこと。

■桃園空港行きの深夜時間帯は台北西駅B棟出発だった
160120_TPE_Bus.jpg
※写真は2016年1月撮影のもの。

その他、深夜・早朝に台北駅-桃園空港間を移動する方法に関しては以下エントリにて。
深夜早朝に台北駅-桃園空港を移動する方法まとめ – バス時刻表やタクシー相場など | shimajiro@mobiler

ジェットスター、国内線全線が片道990円、国際線が1,990円からのセール!有料会員限定、28日(水)18時より

ジェットスター・ジャパンは、有料会員プログラム「Club Jetstar」会員向けに24時間限定セールを開催。

セール内容は国内線全路線が片道990円から、アジア路線(国際線)が片道1,990円より。搭乗期間は国内線が2016年11月1日から2017年1月27日まで、国際線が2016年11月1日から2017年3月14日まで。

ジェットスター・ジャパンのセール告知は以下にて。
※Club Jetstar会員でなくてもセール内容の確認は可能。

Club Jetstar Sale | ジェットスター
ジェットスター:Club Jetstar会員向けに国内線が片道990円、国際線1,990円からのセール!

■販売期間
2016年9月28日(水) 18:00 – 9月29日(木) 18:00

■搭乗期間
国内線:2016年11月1日 – 2017年1月27日
国際線:2016年11月1日 – 2017年3月14日
※路線毎に対象外期間あり。

■対象路線&価格
[国内線]
東京(成田) – 大分:片道990円より
東京(成田) – 熊本:片道990円より
東京(成田) – 沖縄(那覇):片道990円より
東京(成田) – 大阪(関西):片道990円より
東京(成田) – 松山:片道990円より
東京(成田) – 高松:片道990円より
東京(成田) – 鹿児島:片道990円より
東京(成田) – 福岡:片道990円より
東京(成田) – 札幌(新千歳):片道990円より
大阪(関西) – 福岡:片道990円より
大阪(関西) – 札幌(新千歳):片道990円より
大阪(関西) – 沖縄(那覇):片道990円より
名古屋 – 福岡:片道990円より
名古屋 – 札幌(新千歳):片道990円より
名古屋 – 鹿児島:片道990円より
名古屋 – 沖縄(那覇):片道990円より
※空港使用料&支払手数料別途必要

[国際線]
東京(成田) – 台北(桃園):片道1,990円より
東京(成田) – 香港:片道2,990円より
大阪(関西) – 台北(桃園):片道1,990円より
大阪(関西) – 香港:片道2,990円より
大阪(関西) – マニラ:片道2,990円より
名古屋 – 台北(桃園):片道1,990円より
※空港使用料&支払手数料別途必要

有料会員プログラム「Club Jetstar」会員限定とは言え、国内線全線が片道990円から、国際線が片道1,990円からとなるのは魅力的。Club Jetstar会員向けのセールは、Club Jetstar会員本人が予約し搭乗する場合は、Club Jetstar非会員でも一緒に搭乗することができるので、身近にClub Jetstar会員がいる場合は、一緒に旅行を計画してみるのも良いかも。

会員限定セール*

*Club Jetstar会員ご本人が予約・搭乗する場合に限り、非会員様もご一緒に予約いただけます。

Club Jetstar Japan | ジェットスター

ジェットスターでは、日本国内線は片道430円、短距離国際線には片道650円(クレジットカード払い時)の支払手数料を設定している。ただし、支払をジェットスターのバウチャーで行った場合に関しては支払手数料が発生しないので、キリの良い金額でジェットスターバウチャーを利用することができる場合は、バウチャーを使っての支払もあり。

ジェットスターのギフトバウチャーは以下にて。
ギフトバウチャー | ジェットスター