電子マネーの限界!?

スポンサーリンク

DoCoMoが提供する決済プラットホーム、iDの利用を開始してからコンビニの決済をiDで済ませることが多い。小銭を持ち歩く必要が無くて便利ではあるんだけど、現状では避けて通れない最大の障壁がある。

それは、ユーザー(利用者)が、電子マネーで決済することを宣言しなければならないという点。

コンビにであればレジに商品を持っていって、会計をする際に、

『Edyでお願いします。』

という事を伝えなければならない。

同じような問題は、常に電子マネーでも切符でも入出場(決済)することができる駅改札では発生しない。切符であろうが電子マネーであろうが、ユーザーが行う操作は基本的に変わらないので、その点では非常に完成度が高いソリューションと言うことが出来ると思う。

口頭で支払方法を伝える不便さを表す例として、先日起きた事例を。
僕の滑舌が悪いせいか、Edyに対応していないコンビニで

『iD(アイディー)で。』

と言ったところ、

『Edyには対応してません。』

と言われてしまったりと、便利なシステムを利用するために割と不便を感じている。

もちろん、複数ある電子マネーからどの決済を利用するのか特定しなければならない。というような問題は解決しなければならないのは理解している。
解決策としては例えば、ケータイ側の設定で利用する電子マネーの優先度を決めたり、レジに接続しているFelicaリーダー側にボタンを設置して決済方式を選択するだとか、何らかしら対策をして欲しい。

別に限界でも何でもないことを大げさに書いてみたけれど、電子マネーが日常当たり前に使われるためにはこういった環境作りが大切なのでは。

コメント

  1. 電子マネーも胴元が・・・

    電子マネーと言えば、エディーとスイカくらいだったのが、一気に電子マネー戦国時代に突入なんでしょうか?セブン&アイのnanaco(ナナコ)イオンのWAON(ワオン)首都圏の電車、バスのPASMO(パスモ)元からあったJR東日本のsuica(スイカ)ソニー系…