NW-S615F ファーストインプレッション

スポンサーリンク

Sonyの「デジタルメモリウォークマン」NW-S615Fのファーストインプレッション

それまで使っていたMP3プレイヤー、X-CUTEが迷子になったのに伴って、新しいデジタルメディアプレイヤーを数ヶ月かけて探していたところ、ちょっと前からチェックしていたSony製品がヨドバシカメラにて安売り(11,800円で18%のポイント還元)していたので、クリスマスのプレゼントとして嫁に買ってもらった。

*これまで使っていたX-CUTEに関するレビューなどはコチラから

ソニー製品は、少し前から自社規格であるATRACフォーマットへのこだわりを捨てて、デファクトススタンダードとなっているMP3への対応を始めていて、ようやく普通のMP3プレイヤーとして使う事が出来るようになった。さらに、FMラジオが聞けるという点も嬉しい。

デジタルメモリプレイヤーは初めて使ってから5年位経つのだけれど、

Rio(SU30) ⇒ SiGNEO(SN-M600) ⇒ シーグランド(X-CUTE 2B)

と、マイナーなメーカーの製品ばかり使っていたので、メジャーメーカーの製品を買ったのは今回が初めて。
かつ、これまではリムーバブルディスクとして使える製品ばかりを選んでいたので、プレイヤーへの転送にいわゆる『専用ソフト』を使う製品も初めてで使い勝手がどうなの?という点は購入前に心配していた点。

総合的な評価としては、音楽再生時にアルバムのジャケット写真が表示されるのが楽しい!!
*別途ジャケット写真を設定する必要あり。最近のプレイヤーではアタリマエの機能なのかも。
音楽再生画面にジャケット写真が表示されるだけで、音楽が楽しくなるような気がしていて少し感動。曲の切り替えやメニュー表示等の操作もモタつく事が無く、サクサク動く上にメニュー構成もわかりやすいので、操作周りでストレスを感じる事もないので、かなり満足している。

ただし、音楽再生ソフトであるSonicStageの完成度はイマイチな印象。ハードウェアとしては大きな不満が無いので、SonicStageの今後のバージョンアップに期待。

以下、個別項目のレビュー

  1. パッケージ内容
  2. 左上から、ストラップ・接続ケーブル・イヤホン・アタッチメント
    下段左から、液晶クリーナーつきストラップ・本体・取説&ドライバCD
    *ストラップと液晶クリーナーつきストラップは、販促品としてもらったものかも。
    全体的に付属品が少なくてすっきりしている印象。

  3. メニュー構成
  4. メニュー構成は、恐らく現在最も普及しているであろうデジタルデバイス、ケータイのメニュー構成を思い出させるような画面構成になっており、迷うことは少ない。
    各種設定を除けば、それほど深いメニュー階層も無いので扱いやすい。
    戻る操作が、Backボタンで統一されている点もGood

    <メニュー一覧>
    インテリジェントシャッフル FMラジオ イニシャルサーチ
    フォトライブラリ ミュージックライブラリ ビデオライブラリ
    各種設定 録音 再生画面へ

  5. ハードウェア部分
  6. 本体前面に、再生ボタン・上下左右ボタンと、Back/OPTIONがある。
    本体右側に音量ボタン、左側にHOLDスイッチが設置されている。

    基本的な操作は本体前面にあるボタン類で操作が可能になっており、戻るときはBack、オプションメニューはOPTIONが独立しているので操作に迷う事は殆どない。

    個人的に残念だったのは、FMラジオを聴く独立したボタンが無かった点。
    音楽再生中にFMラジオ再生に移行しようとすると、一度メニューに戻ってからFMラジオ再生を行う必要があるので多少手間。

    サイズ的には、小さすぎてボタンの操作がしにくいという事も無く、大きすぎて嵩張るという事もなく、個人的には丁度いい。

  7. 操作感
  8. 驚いたのが操作感。
    電源OFF状態から起動に、1秒とかからない。体感的には0.5秒ぐらいで起動するので、今まで使っていたMP3プレイヤーに比べて、これはかなり早いという印象。

    1/3 23:20追記
    2・3日使わない状態で久々に起動したら、3秒近く起動に時間がかかったので、恐らく上記の『起動』時間はノートPCで言うところのスタンバイのような状態であったものと推測される。

    また、次の曲・前の曲への変更もストレス無く行えるので、本体の操作で不満を感じる事はない。

  9. FMラジオ
  10. 『オートプリセット』を行う事でチャンネルをプリセットできるので便利。
    ただ、受信感度自体はそれほど良くは無い上、FM録音が出来ないのは残念。”ハードウェア”の部分で既に述べたけれど、FMラジオ再生用の専用ボタンなどもなく、FMラジオ機能はおまけといった印象が否めない。

  11. SonicStage
  12. SonicStageは、PC側で曲の管理やCDジャケットの設定をするソフト。NW-S615Fへ曲を転送する際には、このソフトを利用する必要がある。
    これまでは、MP3ファイルをプレイヤー側にドラッグ&ドロップするだけで転送可能なプレイヤーばかりを選んできたので、この類のソフトは初体験。

    『CD情報の取得』を行うと、CDDB上に登録されている情報を検索して、該当するアルバムの候補一覧が表示され、その中から正しい情報を設定することで、正しい曲名・アーティスト名等が設定される。CD情報の取得を行ったあと、『ジャケット写真/関連情報検索』を実行する事で、関連するジャケット写真が表示される。
    表示されたジャケット写真をドロッグ&ドロップでファイルに設定することで、NW-S615Fで再生する際に設定したジャケット写真を表示することが可能。

    と、操作はシンプルなのだけれど、使い勝手が悪い点が何点か。

    まず、CD情報の取得は、アルバムごとに毎回必要で、複数のアルバムを選択して一気に行うことが出来ない。なので、アルバムの数だけ毎回操作が必要になるのが、非常に面倒くさい。
    さらに、ジャケット写真の設定を行うにも、必ずCD情報の取得⇒ジャケット写真設定という手順が必要になるので、二度手間になる。CD情報を取得したら自動的にジャケット写真設定もやってくれてもいいのに…。
    全体的に満足度の高い製品なんだけど、SonicStageのデキだけは、もうちょっと頑張って欲しいなと感じた。

◆関連リンク◆
SONY ウォークマン Sシリーズ FMラジオ内蔵 2GB ブルー NW-S615F L(Amazon)
ウォークマン Sシリーズ商品情報(Sony)