ウィルコムの春商戦向け端末

ウィルコムの春商戦向け端末が発表された。
ウィルコム、「HONEY BEE」「X PLATE」など新モデル発表(ケータイWatch)

今回発表されたのは、
・音声新機種 3機種
・データカードのW-SIMジャケット 1機種
・既存音声端末のマイナーバージョンアップ 2機種

以上計6機種。
あいまいな記憶だけど、これだけまとめて発表したのは、WXシリーズの発表会以来なんじゃないかな。

今回の発表会ではいわゆるハイエンド層向けの発表は無かったけれど、ウィルコム事業展開的には納得できると言うか合理的な端末・サービスの発表会であったように思う。

デコメールサービスの開始と、それに合わせてライトユーザーを取り込むべく端末郡。ライトユーザー向けの端末としてのデキはきっと悪くない。悪く無いだろうけれど、ソフトバンクモバイルへの対抗軸として評価すると、見劣りしてしまうのは如何ともし難いところ。

以下、個人的に注目していた2機種についてコメント。

PCカードスロットにジャストインなW-SIMジャケット、WS014IN

今回発表された端末の中で最も『欲しい』と思ったのは、以前より渇望していた(サイト内参考記事)、PCカードスロットにジャストインなW-SIMジャケット、WS014INであったりする。
この製品自体には全く面白みは無いものの、その昔提供されていたAH-407P(製品サイト)で『ジャストイン』な感覚を味わった方々にはこの魅力が理解して頂けるのではないかと思う。

デザインについてはちょっと否定的…。と思いつつも、普段はPCカードスロットに収まっているからいいか。と言う事で納得。

しかし、市場環境的には独占状態だったデータ通信市場に、イーモバイルがサービス開始から既に10ヶ月以上経過し、その間にDoCoMoやauの参入があったわけで、音声定額プラン提供後に登場したnicoや9(nine)じゃないけど、もう少し早いタイミングで製品投入できなかったのかなぁ…。というのは今更だけど残念なところ。

赤外線ポートと前面LEDでバージョンアップ!9(nine)+

音声通話向け端末9(nine)に赤外線を搭載して前面ディスプレイにもLEDを設置した9(nine)+
9(nine)の不満点をつぶす正常進化だと思うんだけど、初回生産時にそこまでのクオリティを持ってきて欲しかった…。と思ってしまったのもまた事実。かつ、イヤホンマイク端子がいまだについていないというのは残念な点。

9(nine)に赤外線が搭載されてTVリモコンとして使えれば買うだろうなー。

なんて漠然と思っていたけれど、敢えてお金を払ってまで9(nine)から買い換えたい!
と言うような内容では無い。と冷静になって気づいた。

TVリモコンとして使おうとすると、通信ポートの位置が端末側面にあるのが痛いし、そもそもリモコンソフトが同梱されずにリモコンとして使えない…。
アドエス向けには、リモコンソフトなんてものもあるけれど、9(nine)ではアプリケーションのプラットホームが無いから難しいか…。

次回こそは、噂のUMPCライクな(?)W-ZERO3の発表がされることを楽しみにしている。

◆関連リンク◆
WILLCOM l 2008 SPRING COLLECTION(WILLCOM)
ウィルコム、「HONEY BEE」「X PLATE」など新モデル発表(ケータイWatch)
今日も輝いてるね!(何(あるかでぃあ さんによる発表会潜入レポート)