9(nine)をモデムとして使う裏技(?)が発見される!

スポンサーリンク

9(nine)をモデムとして使う裏技(?)が紹介されている。

2008.3.13(木)(Yuki’s Diary / つれづれ日記)

見つけた! 9(nine)のモデムモード。実は通話ボタンを押しながら電源を入れると「W-SIMファームウェア アップデートモード」というのになるのだが、どうやらこれは USB(CDC-ACM)と W-SIMの直結モードらしい。この状態で USB(CDC-ACM)相手にコマンドやデータを送るとそのまま W-SIMへ届くみたい。実際に DD(WS002IN)と同様の手順(デバイス名は /dev/ttyACM0 に変更する)でダイヤルアップ接続ができた。ということは、実は今回のファームウェアのアップデート前からこの方法で USBモデム化が可能だったのかもしれない。もしかすると nicoとかでもできるかも。

こんな方法があるとは…。
だったら最初からモデム対応してくれればいいのに>KES

W-SIM対応のモデムと言えば、WS014INがもうすぐ発売されるはず…。
製品としては、PCカードスロットにジャストインなAH-H407P(Wikipedia)のコンセプトを踏襲しており、W-SIMで使えるモデムの中で唯一PCカードスロットタイプ。

イー・モバイルやケータイキャリアがデータ通信事業に参入する前に出てればなぁ…。

ウィルコムストア