震災情報の多くを意図的にシャットアウト中

スポンサーリンク

18日(金)で、震災の発生から1週間が経過した。

震災後のエントリを初めてアップしたのは13日(日)なので、普段はほぼ毎日エントリを書いているけれど、11日(金)に震災が発生してから、最初にBlogの記事をかけるようになるまで、丸2日かかっている。

この間、何をしていたかと言うと、ひたすらTVやTwitterなどの情報を追いかけて、津波、地震、原発の情報を追いかけては、結果的にただただ不安になって、何をするにも不安ばかりが先行してしまって、何一つまともに手をつける事が出来なかった。というのが、情けないけれど正直なところ。
僕自身がそんな状態だったので、『絶対守らないと』と思っていた家族(=嫁さん)にも、必要以上の心配をかけてしまった。

で、どうやってこの状態から回復したかと言うとものすごく単純で、TVやラジオ、メディアからの情報など一切を強制的に遮断することで、やっと気持ちを落ち着かせる事が出来た。

以下、丁度そんなタイミングでのツイート。
http://twitter.com/#!/shimajiro/status/47500002821550081

冷静に考えれば、計画停電(幸いにも自宅は対象外だった)や、それに伴う交通機関の混乱こそあれど、健康な状態で東京に居る僕が普通の生活を送るのには殆ど支障が無いワケで、心配ばかりしていても何も生まれないし、被災地への貢献もできない。
という事で、極力震災関連の情報は見ないようにして、1日に1回程度、その日に起きたことをまとめてチェックする程度にしている。

当然、『リアルタイムな情報』という意味では、だいぶ遅れてしまう結果にはなっているけれど、逆に言うと現時点で東京に居る限り、リアルタイムで何か注目しなければ生死に関わる情報があるわけではないし、それよりも普段通りの生活を送って、仕事して経済に貢献していく方が、何倍も生産的だと思っているので、現時点では情報遮断の方向で行くことにする。

と言うわけで、ここしばらく震災関連の情報はあえて見てないものも多数。

そんな中で気になっているのは、外国人などの東京からの避難・脱出のニュース。
感情的に言うと、どうしても『東京を見捨てる』とか『逃げる』という話になってしまうのだけれど、避難できる場所の確保や、経済的な余裕があって、避難先で問題なく生活する事が出来るのであれば、ぜひぜひ避難して欲しいなと思っている。

と言うのも、電力供給や余震という面で不安のある東京よりも、母国だったり東京よりも西側に避難することで、安定したインフラの上で、安心して生産的な活動を行えるのであれば、『より生産的な活動を行って、結果的に社会貢献するための手段』として、東京からの脱出をまったく非難するつもりは無いし、仮に自分にもそういう手段が取れるのであれば、取っているんじゃないかと思う。
*ただ、現実的には東京脱出の選択肢が無くて、差し迫って東京に危険があるわけではないので引き続き東京に居たりする(^ ^;

と言うわけで、震災関連の情報を浴び続けて、精神的に参ってしまう。と言う方には情報のシャットアウトをオススメ。