2012年元旦の地震:新居の被害はほぼ無し

スポンサーリンク

2012年元旦に鳥島近海を震源としたM7.0の地震が発生した。

震源地に近い鳥島は地図上だとこのへん。
八丈島から更に南に位置する島で、緯度で言うと鹿児島よりも南にある。
一応、都道府県で言うと東京都という事になるらしいけれど初めて聞いた地名だった。

大きな地図で見る

地震発生の瞬間は、親戚の浦和の家にいたけれど結構揺れを感じた。
(ちなみにさいたま市浦和区の震度は3)

今回の地震は2011年の9月に引っ越してから、初めて『大きく揺れた』と感じた地震だったけれど、本や食器の落下など、新居での被害はほとんど無かった(^ ^)

心配していたのは、先日設置が完了した大きめの本棚だったのだけれど、転倒防止板を敷設しておいた効果か、本棚関連での本の落下などなどは皆無だった。
関連エントリ:本棚『ロフタ インテリアシェルフ』の組立&設置が完了 | shimajiro@mobiler

本棚の下に設置していた転倒防止版はコレ。

家具転倒防止安定板 ふんばる君 120 家具転倒防止安定板 ふんばる君 120

ニトムズ
売り上げランキング : 2577

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Amazonプライムの対象商品だったのと、値段が安かったのと、3.11の都内の揺れにも耐えた。というレビューを参考に購入しておいた(^ ^;

海外で発生した大地震の例で言うと、2004年の年末に発生したスマトラ島沖地震(M9.1)では、最初の地震発生から7年間でM7.5以上の地震が7回発生しているので、ざっくり計算すると1年間に1回は同じような震源で、大規模な地震が来る可能性が高いのかな…と思って備えているつもり。

スマトラ島沖地震 – Wikipedia