ドコモのGALAXY Tab S 8.4 SC-03Gが12月12日(金)より発売 – 本体代は62,208円で専用Bluetoothキーボードつき

ドコモはGALAXY Tab S 8.4 SC-03Gを12月12日(金)より発売すると発表。

GALAXY Tab S 8.4の本体代総額は62,208円で、毎月の通信料からの割引である『月々サポート』は総額で39,528円(新規・機種変更共通)となり、いわゆる『実質負担額』は22,680円
※価格は税込

GALAXY Tab SはWi-Fiモデルが45,000円前後で販売されており、ドコモ版ではモバイルネットワーク対応&専用のBluetoothキーボードが付属することを考えると、販売価格は比較的安価な部類と言える。(ドコモが販売する他のタブレット比べると特に)

ドコモオンラインショップでの販売ページは以下。
GALAXY Tab S 8.4 SC-03G – ドコモオンラインショップ

ドコモのGALAXY Tab S 8.4は、タブレット本体と一体になる専用のBluetoothキーボードが付属し、フルキーボードと連携するPCスタイルでの利用できるのが特長で、Bluetoothキーボードと組み合わせてタブレットを使いたい方には非常に魅力的なセットと言える。

海外版のGALAXY Tab S 8.4は、音声通話に対応するモデルも発売されているものの、ドコモ版のGALAXY Tab S 8.4は音声通話に非対応。

その他、SAMSUNG製のタブレットとしてはGALAXY Tab 10.1 LTE SC-01Dが『ドコモオンラインショップ割』対象機種として、最低価格1,080円から投げ売りされているのでこちらもご紹介まで。

ドコモオンラインショップ割:12月1日(月)に追加される機種一覧

発売開始 機種名 カラー 台数 新規/MNP 機種変更
12/1(月)
14:00
GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D Pure White 1,000台 1,080円 3,240円

※価格は税込、新規/MNPには『契約期間10年以上の機種変更』を含む