下り最大300Mbps対応モバイルWi-Fiルータ「N-01H」が2月17日発売 – 本体価格21,384円で「実質0円」

ドコモは、2015-2016冬春モデルとして発表していたモバイルWi-Fiルータ「Wi-Fi STATION N-01H」(NECプラットフォームズ製)を2月17日(水)に発売することを発表。

本体価格は21,384円(税込)で、月々サポートの総額は21,384円、月額料金に対する割引を本体価格から差し引いて考えるいわゆる「実質価格」は0円となる。

N-01Hは、ドコモが発売するモバイルWi-Fiルータの中で最速となる下り最大300Mbpsに対応している。

ドコモオンラインショップでの紹介ページは以下より。
Wi-Fi STATION N-01H

■モバイルWi-Fiルータ「N-01H」主要スペック
通信速度:下り最大300Mbps/上り最大50Mbps
ネットワーク:
サイズ:高さ 63mm * 幅 115mm * 厚さ 11mm
同時接続台数:最大16台(Wi-Fi 10台/USB 1台/BT-PAN 5台)
連続通信時間:約13時間 (4G LTE/CA非適用時)
連続待受時間:1,180時間
バッテリー:2,500mAh
クレードル:対応、LTEアンテナ内蔵(LTE 800MHz帯対応)

■モバイルWi-Fiルータ「N-01H」:下り最大300Mbpsに対応
下り最大300Mbpsに対応

2015年10月に開催された発表会での「N-01H」紹介は以下にて。
下り最大300Mbps対応のモバイルWi-Fiルータ「N-01H」が発表 – LTEアンテナ内蔵クレードルが同梱 | shimajiro@mobiler