ドコモ、3.5GHz帯対応で下り最大370Mbps、国内最速ルーター「HW-01H」を発表!旧ルーターとのスペック比較など

ドコモは、2016年夏モデルとしてモバイルWi-Fiルータ「Wi-Fi STATION HW-01H」(Huawei製)を発表。2016年6月下旬より発売予定、5月11日(水)より予約受付を開始している。

ドコモオンラインショップでの予約受付は以下にて。
HW-01H – ドコモオンラインショップ

ドコモが2016年6月より展開する新しい周波数である3.5GHz帯(Band 42)に対応、3波CA対応によって下り通信速度は最大で370Mbpsとなり、国内のモバイルWi-Fiルータでは最速となる。また、新しい周波数帯である3.5GHz帯に対応する2016年夏モデルはHW-01Hのみ。

■ドコモ:モバイルWi-Fiルータ HW-01Hを発表
下り最大370Mbps対応、HW-01Hを発表

以下、モバイルWi-FiルータHW-01Hの特長をご紹介。

ドコモ初のTD-LTE対応ルーター、3波CAで下り最大370Mbpsに

HW-01Hの最大の特長は、通信速度が下り最大370Mbpsまで高速化されていること。下り最大370Mbpsは、FDD-LTEの1.8GHz帯(B3) 20MHzと、新たに展開するTD-LTEの3.5GHz帯(B42)を40MHz(20MHz * 2)束ねて実現される。

■下り最大370Mbpsのイメージ図
HW-01H:下り最大370Mbps

新たに展開される3.5GHz帯(B42)は、FDD-LTEとの組み合わせにより3波CAが有効時のみ接続される。このため、3.5GHz帯(B42)を2波CAで接続して下り最大220Mbpsとなることは無い。

■対応するキャリアアグリゲーションの組み合わせと&通信速度
下り最大370Mbps:1.8GHz(B3) + 3.5GHz(B42) + 3.5GHz(B42) → 東名阪限定
下り最大332.5Mbps:2GHz(B1)+ 3.5GHz(B42) + 3.5GHz(B42)
下り最大337.5Mbps:2GHz(B1) + 1.5GHz(B21) + 800MHz(B19)
※800MHz帯を全てLTEで運用する「フルLTE」エリアは一部エリアのみで提供。

HW-01Hは、TD-LTEの3.5GHz帯(B42)に対応することで下り最大370Mbpsに対応するものの、理論値の最高速度では同じく2016年夏モデルのGalaxy S7 edge SC-02HやXperia X Performance SO-04Hの下り最大375Mbpsと比べて、若干ながら理論値が劣る。

ただし、TD-LTEの3.5GHz帯は2016年6月下旬より新たに提供される周波数帯であり、対応機種もHW-01Hのみとなる(2016年夏モデルでは)ため、下り最大375Mbpsよりも快適に利用できる可能性が高い。
※HW-01HとのWi-Fi接続によるロスなどは除外して考えれば。

なお、ドコモが発売するモバイルWi-Fiルータでは、2015年に発売されたL-01Gが中国大陸での国際ローミング用にTD-LTEのBand 38に対応しているため、HW-01Hの「ドコモ初のTD-LTE」はドコモ自身が提供する周波数としては初めて。という意味。

大容量バッテリで連続通信時間が長く、モバイルチャージャー機能にも対応

HW-01Hは4,750mAhの大容量バッテリで、連続通信時間は20時間(LTE接続時)と、ドコモ向けのモバイルWi-Fiルータの中でも最長クラス。
※同じく大容量バッテリを搭載するL-01GがLTE接続時で20時間とほぼ互角。

従来のモバイルWi-Fiルータは、Huawei製がややコンパクトでバッテリ容量小さめ、LG製がバッテリ容量大きめながらやや本体が大きくゴツイ。という棲み分けになっていたものの、HW-01Hではバッテリ容量と本体サイズが大きくなり、サイズ&重量共に大型のモバイルWi-Fiルータと言える。

バッテリ容量が大きくなった恩恵として、連続通信時間がLTE接続時20時間、LTE-A接続時で18時間と長時間化したほか、他のスマートフォンやタブレットに充電するモバイルチャージャー機能にも対応。モバイルチャージャー機能を利用するためには、同梱される専用ケーブルが必要。

HW-01H本体は急速充電に対応する一方、モバイルチャージャー機能を利用する際は急速充電には非対応となる。

■HW-01HからGalaxy S6 edge(SC-04G)に充電
160511_HW-01H.jpg

■HW-01H主要スペック
通信速度:PREMIUM 4G 下り最大370Mbps対応
対応周波数:B1/3/19/21/42 (B42は3波CA時のみ有効)
3波CA組み合わせ:B1 + B19 + B21 / B1+ B42 + B42 / B3 + B42 + B42
2波CA組み合わせ:B1+21 / B1+B19 / B3+B19
Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz (DFS対応)
インターフェイス:USB 3.0 (Type-C)
ディスプレイ:2.4インチタッチスクリーン
チップセット:Balong 750
その他:モバイルチャージャー機能搭載/BTリモート起動対応
同時接続台数:11台(Wi-Fi 10台 + USB 1台)
連続通信時間:Cat 4 20時間 / Cat 6またはCat 9 18時間
サイズ: 64mm * 100mm * 22mm
重さ:約173g
バッテリ容量:4,750mAh

ドコモのモバイルWi-Fiルータ(2015年-2016年モデル)との比較は以下。

■モバイルWi-Fiルータ主要スペック比較(2016年モデル)

機種名 HW-01H
N-01H
メーカー Huawei NECプラットフォームズ
発売日 2016年6月 2016年2月
通信速度 下り最大370Mbps
上り最大 50Mbps
下り最大300Mbps
上り最大 50Mbps
対応周波数
(LTE)
FDD-LTE
B1/B3/B19/B21

TD-LTE
B42

FDD-LTE
B1/B3/B19/B21
国際ローミング ×
連続通信時間 18時間 (LTE-A)
20時間 (LTE)
10時間 (LTE-A)
13時間 (LTE)
9時間 (3G)
バッテリ容量 4,750mAh 2,500mAh
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz
インターフェイス USB Type C microUSB
ディスプレイ 2.4インチ
タッチスクリーン
2.4インチ
タッチスクリーン
サイズ(mm) 縦:64
横:100
厚:22
縦:63
横:115
厚:11
カラー ブラック ホワイト
重さ 約173g 約117g
Bluetoothテザリング ×
リモート起動 ×
クレードル連携 ×
モバイルチャージャー機能 ×

■モバイルWi-Fiルータ主要スペック比較(2015年モデル)

機種名 HW-02G
L-01G
メーカー Huawei LG
発売日 2015年3月 2015年3月
通信速度 下り最大225Mbps
上り最大 50Mbps
下り最大225Mbps
上り最大 50Mbps
対応周波数
(LTE)
FDD-LTE
B1/B3/B19/B21
FDD-LTE
B1/B3/B19/B21

TD-LTE
B38

国際ローミング
連続通信時間 8時間 (LTE-A)
9時間 (LTE)
8時間 (3G)
17時間 (LTE-A)
20時間 (LTE)
18時間 (3G)
バッテリ容量 2,400mAh 4,880mAh
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.4GHz/5GHz
インターフェイス microUSB microUSB
ディスプレイ 2.4インチ
タッチスクリーン
3.0インチ
タッチスクリーン
サイズ(mm) 縦:58
横:95
厚:14.3
縦:107
横:65
厚:20
カラー ホワイト ブラック
重さ 約110g 約186g
Bluetoothテザリング × ×
リモート起動 ×
クレードル連携 × ×
モバイルチャージャー機能 ×

機種変更はドコモオンラインショップがオススメ

ドコモのモバイルWi-Fiルータは、基本的にどのショップでも本体価格は同一。ただし、店頭にて機種変更を行う場合は登録等手数料の2,000円(税別)が発生するほか、ショップによっては(ドコモショップでは特に)本体代金とは別途頭金の支払が必要となるケースが多いため、登録等手数料と頭金が発生しない(また、不要オプションなどの契約も不要)ドコモオンラインショップでの機種購入がオススメ。

HW-01Hの販売価格は未定ながら、ケータイWatchの記事によると、本体代金から月額料金の割引を差し引いて考えるいわゆる「実質価格」はおよそ1万円とのこと。

ドコモオンラインショップでの予約受付は以下にて。
HW-01H – ドコモオンラインショップ