ドコモ:下り最大370Mbps対応ルーターHW-01Hの発売日は6月29日か – 本体代金は一括2万円、実質1万円、在庫切れにご注意を

kuropon.mobiより。

下り最大370Mbpsに対応するドコモのモバイルWi-Fiルータ「Wi-Fi STATION HW-01H」の発売日が6月29日に決定、本体価格(一括)は20,736円、実質サポートは本体代金の半額の10,368円、いわゆる実質価格は10,368円となる模様。
※ドコモから正式発表された情報ではないものの、販売店に向けて案内済みの内容とのことで、信憑性は高いかなと。

■HW-01H販売価格
本体価格:20,736円
月々サポート:10,368円
実質価格:10,368円
※各種代金は税込

モバイルWi-Fiルータは、ドコモショップや家電量販店でキャンペーン対象となることが少ない上に、ドコモショップで購入する際は本体代金とは別の頭金が設定されていることが多い。また、機種変更時にかかる手数料(税別2,000円)がユーザ負担となることも考えると、頭金が設定されていない・なおかつ機種変更時の手数料が無料のドコモオンラインショップにて購入することをオススメ。

ドコモオンラインショップでのHW-01H販売ページは以下にて。

Wi-Fi STATION HW-01H – ドコモオンラインショップ

■HW-01H:本体代一括2万円、月々サポート1万円、実質1万円
HW-01H:実質価格は1万円

ドコモオンラインショップでは、頭金や手数料が無料となる以外にも、ドコモオンラインショップ限定キャンペーンとして、HW-01Hを含む対象機種を購入すると最大50,000ポイントがあたる抽選に参加できるほか、dポイント登録で最大1,000ポイントがあたるキャンペーンに参加できるなど、キャンペーン面でもドコモオンラインショップ限定のキャンペーンが充実している。

ドコモオンラインショップ限定のキャンペーン情報は以下にて。

ドコモのモバイルWi-Fiルータやデータ通信端末は、初回入荷数が限られることが多いためか、発売開始後すぐにオンラインショップで在庫切れとなってしまうケースが少なく無いので、HW-01Hを購入予定の方は予め予約の上、購入手続を行うことをオススメ。

過去の例では、それほど販売数が多いとは思えないUSBデータ通信端末「L-03F」が発売日にドコモオンラインショップにて在庫切れになるなどの動きがあった。

■ドコモのUSBデータ通信端末:L-03Fは発売日に即在庫切れに
ドコモのデータ通信端末L-03Fはドコモオンラインショップで在庫切れに

モバイルWi-FiルータHW-01Hは、ドコモが販売2016年夏モデルの中では唯一、新しい周波数帯である3.5GHz帯(B42)に対応。新周波数帯(TD-LTE)と既存のFDD-LTEとのキャリアアグリゲーションにより、東名阪エリアで下り最大370Mbps、それ以外のエリアでは332.5Mbpsに対応しており、従来のモバイルWi-Fiルータと比べて高速なデータ通信が行える。
※下り最大370Mbpsおよび332.5Mbps対応エリアは徐々に拡大予定。

なお、HW-01H国内向けのモバイルWi-Fiルータとしては初めて、またドコモ機種として初めてType-Cポートを搭載しているため、従来のmicroUSBケーブルをそのまま充電などに使うことができない。

このため、既存のmicroUSBケーブルなどの資産を活用するためにはType-Cとの変換アダプタを利用することをお勧め。

一例として、AnkerのmicroUSB⇔Type-Cの変換アダプタは、Amazonにて2個セットで800円にて販売されている。

【2個セット】Anker USB-C & Micro USB アダプタ (Micro USB → USB-C変換アダプタ / 56Kレジスタ使用 / Quick Charge対応) 新しいMacBook、ChromeBook Pixel、Nexus 5X、Nexus 6P、Nokia N1、OnePlus 2 他対応 【2個セット】Anker USB-C & Micro USB アダプタ (Micro USB → USB-C変換アダプタ / 56Kレジスタ使用 / Quick Charge対応) 新しいMacBook、ChromeBook Pixel、Nexus 5X、Nexus 6P、Nokia N1、OnePlus 2 他対応

Anker
売り上げランキング : 118

Amazonで詳しく見る by G-Tools