【ドコモ】モバイルWi-Fiルータが機種変更一括0円!LTEアンテナ内蔵クレードル同梱機種やLTE連続通信20時間機種も対象

ドコモは、2017年2月1日よりモバイルWi-Fiルータ3機種(N-01H、L-01G、HW-02G)の3機種を「端末購入サポート」対象機種に追加。端末購入サポート対象となる3機種は機種変更でも本体代が一括0円にて購入可能となる。

ドコモの端末購入サポートに関する情報は以下にて。

端末購入サポート – ドコモオンラインショップ
ドコモ:端末購入サポート

2017年2月1日(水曜)より下記対象機種を追加
■機種変更、新規(追加)契約
Wi-Fi STATION N-01H、Wi-Fi STATION L-01G

モバイルWi-Fiルータ3機種が機種変更でも一括0円

●端末購入サポート対象のモバイルWi-Fiルータ

機種 通信速度 契約種別 本体価格 割引額 割引後価格
N-01H
337.5Mbps 新規契約
機種変更
21,384円 ▲21,384円 0円
L-01G
262.5Mbps 新規契約
機種変更
19,440円 ▲19,440円 0円
HW-02G
262.5Mbps 新規契約
機種変更
18,114円 ▲18,114円 0円

※通信速度は下り最大通信速度、割引額は端末購入サポート適用による割引。
※本体価格は税込

主要スペック比較

メーカー N-01H L-01G HW-02G
発売日 2016年2月 2015年3月 2015年2月
メーカー NECプラットフォームズ LG Huawei
通信速度 下り最大337.5Mbps
上り最大 50Mbps
下り最大262.5Mbps
上り最大 50Mbps
下り最大262.5Mbps
上り最大 50Mbps
対応周波数 FDD-LTE
2100(B1)/1800(B3)
1500(B21)/800(B19) MHz

3G
2100/850/800 MHz

FDD-LTE
2100(B1)/1800(B3)
1500(B21)/800(B19) MHz

TD-LTE
2600(B38) MHz

3G
2100/850/800 MHz

GSM
1900/1800/900/850 MHz

FDD-LTE
2100(B1)/1800(B3)
1500(B21)/800(B19) MHz

3G
2100/850/800 MHz

バッテリー容量 2,500mAh 4,880mAh 2,400mAh
連続通信時間 LTE-A:10時間
LTE:13時間
3G:9時間
LTE-A:17時間
LTE:20時間
3G:18時間
LTE-A:8時間
LTE:9時間
3G:8時間
重さ 約117g 約186g 約110g
クレードル連携 ×

N-01H:3波CA対応で下り最大337.5Mbps、クレードルはアンテナ内蔵

N-01Hは、3波CA対応によって下り通信速度は最大337.5Mbpsと、今回新たに端末購入サポート対象となったモバイルWi-Fiルータの中で通信速度は最速。

また、同梱されるクレードルはLTEアンテナを内蔵しており、宅内での電波状況を改善することができる。このため、ドコモの大容量プランを契約しており、ドコモ回線を固定回線代わりに使っている方は自宅内での通信環境を改善することが可能。

■LTEアンテナ内蔵クレードルを同梱
LTEアンテナ内蔵クレードルで、家の中でも安定通

L-01G:大容量バッテリ搭載で4G LTE連続通信時間は20時間

L-01Gは4,880mAhの大容量バッテリを搭載しており、連続通信時間は4G LTEで20時間、LTE-Advancedで17時間と、他のモバイルWi-Fiルータと比べて連続通信時間が長くなっているのが最大の特長。

特に、最近発売されるモバイルWi-Fiルータでは通信速度が高速化する一方、高速データ通信中の消費電力が大きくなるためか連続通信時間が短くなるものも増えており、モバイルWi-Fiルータのスペックで連続通信時間を重視する方にとってはL-01Gは貴重な選択肢。
※ただし、バッテリ容量が大きいこともあり本体はデカくてゴツく感じる。

通信速度や対応している周波数の面では、最新のモバイルWi-Fiルータと比べて劣っている面があるのは仕方ない(発売日は2015年3月)けれど、モバイルWi-Fiルータに対して「スペック上の最高速度よりも連続通信時間」を重視する方向け。

ドコモの販売するモバイルWi-Fiルータは、SIMロック解除を行わなくてもドコモのMVNOで利用することができるため、ドコモのMVNOで利用するのもあり。
→なお、2015年5月1日以前に発売されているL-01GおよびHW-02GのSIMロック解除は端末購入日に行うことも可能。ただし、これらの機種のSIMロック解除には店頭で受付後に約1週間から2週間程度の日数と、手数料3,000円が必要となる。

HW-02G:コンパクトタイプでバランスの取れた機種

HW-02Gは、キャリアアグリゲーション対応により下り通信速度は最大で262.5Mbpsに対応。
L-01Gと比べると本体サイズがコンパクトで、小型・軽量タイプのモバイルWi-Fiルータが好みな方向け。
→ただし、ドコモオンラインショップでは既に販売が終了しているため、ドコモショップや家電量販店などの店舗で購入する必要がある。

まとめ:ドコモオンラインショップなら機種変更手数料0円・送料0円

端末購入サポートによって機種変更でも本体代が一括0円からとなるモバイルWi-Fiルータは、ドコモオンラインショップにて機種変更を行うと機種変更に伴う手数料が無料・また送料もキャンペーンによって無料となっている(3月末まで)ため、ドコモオンラインショップにて購入すれば完全に0円で購入が可能となる。

一方、ドコモショップや家電量販店では機種変更時の手数料として2,000円(税別)の登録等手数料支払が必要(支払は後日)となるほか、場合によっては店舗独自の頭金が設定され、ドコモオンラインショップと比べて支払総額が割高となる場合がある点は注意。

また、端末購入サポート対象機種は購入日もしくは開通日の翌月1日から起算して12カ月の間に、パケット定額プランの解約・機種変更・回線解約などを行うと割引額の半額が解除料となる。

2017年2月1日にドコモオンラインショップにて機種変更を行った場合、端末購入サポートの規定利用期間が終了するのが2018年1月末までとなり、2018年2月に回線解約や再度機種変更を行っても端末購入サポートの違約金が発生しない。このため、2月中に端末購入サポート対象機種を購入する場合は2月1日中に購入手続を完了させるのがオススメ。

ドコモオンラインショップは以下にて。