ドコモ、Galaxy S7 edge向けのAndroid 7.0ソフトウェア更新を一時停止

ドコモは、Samsung製スマートフォン「Galaxy S7 edge SC-02H」向けに公開しているソフトウェア更新(2017年3月16日公開)を、3月24日(金)付けで一時中止。ソフトウェア更新が中止された理由は「確認事項が発生したため」とされており、詳細については不明。

既にGalaxy S7 edgeをAndroid 7.0に更新している場合は、そのまま端末を使い続けることが可能。また、ソフトウェア更新の一時中止に伴う特別な措置などなどは発表されていない。

ドコモのお知らせは以下にて。

ドコモからのお知らせ : 「Galaxy S7 edge SC-02H」OSバージョンアップ一時中断のお知らせ | お知らせ | NTTドコモ

この度、「Galaxy S7 edge SC-02H」において2016年3月16日(木曜)より提供しておりますOSバージョンアップを実施した後、確認事項が発生したため、OSバージョンアップの提供を一時見合わせております。対処版の準備が整い次第、ドコモホームページにてご案内いたします。

ドコモ版のGalaxy S7 edgeは、Android 7.0へのOSアップグレードを含むソフトウェア更新を実施した後、カメラで撮影した画像がmicroSDカードに正しく保存されない不具合が発生する頻度が上がった気がする(以前から発生することはあったけれど、頻度が上がったように思う)ので、ソフトウェア更新に伴って何らかの不具合が発生している可能性がありそう。

販売は通常通り継続

ソフトウェア更新は一時停止となったものの、販売に関しては通常通り続けられており購入が可能。3月末までに購入を計画している場合、店頭の混雑などなどを気にする必要が無いドコモオンラインショップでの購入もオススメ。
→ドコモオンラインショップでは、本体代とは別に設定される「頭金」や、機種変更に伴う事務手数料(Xi→Xi)が無料となり、機種変更に伴う料金面でも、店頭の通常価格で購入するのと比べて割安。

●Galaxy S7 edge:ドコモオンラインショップでの販売価格

機種 MNP・新規契約
Galaxy S7 edge SC-02H
本体価格 割引額 割引後価格
93,960円 ▲78,408円 15,552円
機種変更
本体価格 割引額 割引後価格
88,876円 ▲57,672円 31,104円

※各種価格は税込