店頭で「頭金」を多く払っても毎月の端末代が安くならない?ドコモショップや家電量販店の頭金を解説

スポンサーリンク

ドコモショップや家電量販店でドコモのスマートフォン・携帯電話を購入する際に発生する「頭金」に関する解説。

一般的なモノの売買における「頭金」は、商品代金の総額の一部を頭金として支払って残りの金額を割賦支払するもの。例えば、総額100,000円の商品のうち10,000円を頭金として支払すると、割賦支払する総額は90,000円となる。(仮に24分割すると、3,750円/月)。

■一般的なモノの売買における「頭金」
商品代金:100,000円
頭金:10,000円
割賦支払:90,000円(3,750円/月)

一方、ドコモショップや家電量販店で販売されるスマートフォン等に設定される「頭金」は、ドコモオンラインショップを基準とした商品代金に、店舗が独自に設定する「頭金」を上乗せする方式となっている。

このため、ドコモショップ等で「頭金」が高く設定されている場合、単純に「支払総額が高くなる」と考えて差し支え無い。

以下の例では、iPhone XS Maxに頭金14,040円を設定。64GBモデルを例にすると、ドコモオンラインショップの支払総額は141,912円。ドコモショップでは、これに頭金(14,040円)を加えた155,952円が支払総額になる。

■ドコモショップの頭金・支払総額
ドコモショップの頭金・支払総額

ドコモオンラインショップの「iPhone XS Max 64GB」の本体代金

■ドコモオンラインショップでの支払総額(iPhone XS Max 64GB)
ドコモオンラインショップでの支払総額(iPhone XS Max 64GB)

ドコモオンラインショップでは、従来より全ての機種で「頭金無料」としているため、頭金の支払が不要な分だけ、ドコモショップや家電量販店の店頭よりも割安にスマートフォンを購入できる。

さらに、ドコモショップや家電量販店などの店頭でスマートフォン・モバイルWi-Fiルーターなどを購入すると、購入に伴う「事務手数料」が発生する。事務手数料は店頭で支払せず、毎月の携帯電話料金と合算しての支払になる。

このため、店頭で本体を購入する場合は意識することは少ないものの、端末購入時に発生する費用として見逃せない。

公式オンラインストア「ドコモオンラインショップ」では、全契約種別(MNP・新規・機種変更)を対象に、事務手数料が無料としているため、事務手数料の面でも優遇されている。
※2018年9月1日から、全契約種別で事務手数料が無料化された。

■ドコモオンラインショップは頭金・事務手数料が無料

iPhone XR(64GB)を機種変更で購入する際に発生する費用をドコモショップ(頭金14,040円)とドコモオンラインショップで比較すると以下の計算になる。

iPhone XR(64GB)購入時の費用比較

項目 ドコモオンラインショップ ドコモショップ
本体代金 98,496円 98,496円
頭金 無料 14,040円
事務手数料 無料 2,160円
限定特典 ▲5,184円 なし
支払総額 93,312円 114,696円

※各種料金は税込。

ドコモショップで購入時の頭金が14,040円と、割高なパターンで紹介しているものの、基本的には「頭金・事務手数料が無料」という面で、ドコモオンラインショップがかなり優遇されているほか、対象機種の購入で本体代金が5,184円相当割引される「オンラインショップ限定特典」も適用される。

このほか、ドコモのクレジットカード「dカード」を使って、ドコモオンラインショップで本体代を一括支払いすると、支払金額の2%がdポイントとして還元されるため、本体代金を一括支払いする場合はこちらの特典も見逃せない。(端末代が10万円だと、2,000ポイントが還元される。)

iPhoneの最新機種に関しては、ヨドバシカメラ・ビックカメラなどの家電量販店のクレジットカードで一括支払いした場合でも、ポイント還元が1%にとどまるため、クレジットカードで一括支払いした場合のポイント還元でも、ドコモオンラインショップが優遇されている。

■家電量販店では1%ポイント還元
iPhone X:家電量販店でのポイント還元は1%

そんなわけで、ドコモショップや家電量販店などで機種変更する場合は「頭金」がいくら発生するのか確認の上で購入することをオススメ。個人的には、店頭で特別なキャンペーンが行われていない限り、基本的にはドコモオンラインショップで端末を購入している。

ドコモオンラインショップは以下にて。
ドコモオンラインショップ