【PR】Y!mobileのAndroid・iPhone向けSIMカードの違い

スポンサーリンク

Y!mobileが提供するSIMカードのうち、iPhone向けのSIMカードとAndroid向けのSIMカードの違いについて。

iPhone向けは「n141」
SIMロック解除した他社iPhoneでも利用可

Y!mobileでiPhoneを購入(契約)すると、SIMカードに「n141」という印字がされている、iPhone専用のSIMカードが発行される。

■iPhone向けSIMカード「n141」
iPhone向けSIMカード「n141」

Y!mobileのiPhone向けSIMカードは、SIMフリーのiPhoneまたは他社(ドコモ・KDDIなど)が販売するiPhoneをSIMロック解除して使うことも可能。

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhoneのSIMロック解除方法については以下エントリでご紹介。
【PR】ドコモ・au・ソフトバンク・UQのiPhoneをSIMロック解除してY!mobileで使う方法

Y!mobileの「n141」のSIMカードとiPhoneの組み合わせでは、いわゆる格安SIM(MVNO)のSIMカードをiPhoneで利用するケースと異なり、ドコモ・au・ソフトバンクと同様に、APN構成プロファイルをダウンロードせずに、SIMカードをiPhoneに挿入するだけでデータ通信が利用できる。

■ドコモのiPhone 8(SIMロック解除)をY!mobileで使う
iPhone 8(ドコモ版をSIMロック解除)をY!mobileのSIMカードで使う

「Y!mobile回線でiPhoneを使う」という目的で考えると、APN構成プロファイルのインストールが不要な、n141のSIMカードを使うと便利。ただし、同SIMカードはY!mobileでiPhoneを購入(契約)する以外に入手する方法が無い(単体契約できない)。
※ワイモバイルのiPhoneを持込のうえ、ワイモバイルショップ店頭でSIMカードを発行してもらう場合はn141のSIMカードが発行されるという情報あり(確認中)

なお、iPhone向けのSIMカードは、iPhoneでの利用を前提に発行されているため、iPhone以外の機種での利用は保証されておらず、データ通信を行うためのAPN設定も公開されていない。

Android/SIMフリー端末向けは「n101」

Y!mobileが発行するSIMカードのうち、APNが公開されておりY!mobile以外の機種でも正式に使うことができるのは、AndroidスマートフォンおよびSIMフリー端末向けのSIMカードで「n101」が印字されている。
※「n111」が印字されたSIMカードもある。基本的には機能は同じ。

■Android/その他SIMフリー端末向けSIMカード「n101」
Y!mobileのSIMカード「n101」

同SIMカードは、ワイモバイルオンラインストアにてSIMカードを単体契約する際や、ワイモバイルショップ・家電量販店などで、Y!mobileのAndroidスマートフォンや、SIMフリースマートフォンとのセット購入時など、iPhone以外の端末またはSIMカードを単体契約する際に発行される。

端的に言うと「iPhone以外の機種を購入、またはSIM単体契約」にて発行される。
※なお、Y!mobileの販売するモバイルWi-Fiルーター向けには、これとは別のSIMカードが発行される。

ワイモバイルオンラインストアでのSIMカード単体契約は以下にて。
音声USIMカードを購入

SIMフリー端末など向けのAPN設定内容も公式に案内されている。

■Y!mobile APN設定内容
名前:Y!mobile APN(任意)
APN:plus.acs.jp
ユーザー名:ym
パスワード:ym

MCC:440
MNC:20
認証タイプ:CHAP
MMSC:http://mms-s
MMSプロキシ:andmms.plusacs.ne.jp
MMSポート:8080
APNタイプ:default,mms,supl,hipri
掲載元:他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する|その他のサービス|サービス|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

Y!mobileの公式サイトに掲載されている設定内容は多項目にわたるものの、APN・ユーザー名・パスワードを設定すればモバイルデータ通信が利用できるケースも多い。

Y!mobileのスマホプラン(S/M/L)で契約するSIMカードは、1回あたり10分までの音声通話が無料になる(月額料金に含まれる)ため、スマートフォンなど音声通話が可能な端末で利用するのがオーソドックスな使い方と言える。

ただ、モバイルWi-Fiルーターやデータ通信端末での利用も制限はされておらず、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなどで利用可能。

■モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR05LN」をY!mobileのSIMで使う
モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR05LN」をY!mobileのSIMで使う

なお、最近のSIMフリースマートフォンでは、多くの機種がY!mobileのAPNをプリセットしているので、APN設定は「設定する」というよりも、「選ぶ」というパターンが多いかも。

■Y!mobileのAPNがプリセットされているMate 20 Pro(HUAWEI/SIMフリー版)
Y!mobileのAPNがプリセットされているMate 20 Pro(HUAWEI/SIMフリー版)

Y!mobileの「n101」が印字されたSIMカードは、Y!mobileが販売するiPhoneおよび、SIMロックを解除したiPhoneでも使用できる。

ただし、前述のiPhone用SIMカード(n141)と事なり、SIMカードを挿入後にAPN構成プロファイルのインストールが必要になる。
→iOS 12.1.1に更新したiPhone 8では、APN構成プロファイルのインストール不要で利用できるようになっていた。

■iPhoneではAPN構成プロファイルのインストールが必要に
APN構成プロファイルのインストールが必要
Y!mobileのAPN構成プロファイルのダウンロードは以下にて。
※iPhoneをインターネット接続した状態でSafariから閲覧すると、インストール可能

APN設定用の構成プロファイルについて|その他のサービス|サービス|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

APN構成プロファイルのインストールさえすれば、iPhoneのテザリング(インターネット共有)なども利用できるので、Android向けのSIMカードでiPhoneを使うことに実用上の不便は無い。

ただし、APN構成プロファイルをインストールすると、Y!mobileのSIMカード以外を挿入して使う場合にAPN構成プロファイルをアンインストールし、Y!mobileのSIMカードで使う場合、改めて同プロファイルをインストールする手間がかかる。
→海外渡航時に現地SIMを購入したりするケースで、APN構成プロファイルのインストール/アンインストールを忘れているとハマることがある。

なお、1カ月ぐらい前の時点では、iPhone 8などY!mobileが取扱いしていないiPhoneでは、端末上に表示されるキャリア名に「SoftBank」と表示されていたけれど、これも「Y!mobile」と表示されるようになった。

■少し前はキャリア名に「SoftBank」と表示された

(Y!mobileのSIMカードでiPhone 8を利用時)

というわけで、Y!mobileのSIMカードをiPhoneのみで使う場合はiPhone向けのSIMカード(n141)を使った方がトラブルが少ないのでオススメ。

Androidやその他機種で使う可能性がある場合は、n101(あるいはn111)のSIMカードをオンラインショップなどで契約して使う方がベター。

Y!mobileオンラインストアは以下にて。
Y!mobileオンラインストア


2018.12.19 09:30更新

Android/SIMフリー端末向けのSIMカード(n101/n111)をiPhoneで利用する際、一部機種ではAPN構成プロファイルのインストールが不要となっていたのを修正しました。コメントにて情報、ありがとうございましたm(_ _)m


コメント

  1. gtgt より:

    n141のAPNは特殊で非公開
    だが情報は有るので自己責任で設定して使用可能
    iPhoneシムはSoftbank向けも含めIMEI制限入れられないので安全

  2. ごみくずリーマン より:

    ワイモバイルのiphoneを持ち込みすれば、新規、機種変更でn141のSIMカードの契約出来ますよ。
    n101 n111から変更可能で月々割もそのままです。
    iphoneX迄ならプロファイルの必要がないから便利ですよ。

  3. 匿名 より:

    広告記事にあんまりコメントしたくないけど一言。n101でもiOS12.1.1 キャリア35.1からプロファイル不要です。