au回線なしで「ウォッチナンバー」を単体契約してみた

スポンサーリンク

auスマートフォンを契約していない状態で、「ウォッチナンバープラン」を申込みしてみた。

「ウォッチナンバープラン」は、月額385円でApple Watch(Cellular通信対応モデル)を単体で音声通話・データ通信で利用するための専用プラン。

ウォッチナンバープラン:概要

■提供日
2021年10月18日

■月額料金など
月額料金:385円
データ容量:250MB/月
音声通話料金:22円/30秒

■対象機種
Apple Watch Series 4以降
※KDDIのiPhoneを持っていなくても申込み可能

■その他制限事項
・iOS 14以降を搭載するiPhone 6s以降のデバイスが必要
・iPhone 1回線につき、ウォッチナンバー5台、ナンバーシェアを1台設定できる


これまで、Apple Watch向けのプランは「ナンバーシェア」など、「ペアで使うiPhoneと同じ電話番号が使える」サービスが主流だった。

このため、前提としてiPhoneの本体代金と月額料金の支払が必要となるほか、Apple Watchと組み合わせできるiPhoneの料金プランには一定の縛りがあり、ahamoやpovoとの組み合わせでの利用には制限があった。

KDDIが新たに提供する「ウォッチナンバープラン」では、iPhoneを持っていない子どもや、キッズケータイを使っている子どもでも、Cellular通信対応のApple Watch Series 4以降を持っていれば、Apple Watch単体で音声通話、データ通信が利用できるようになる。
※ただし、「ウォッチナンバープラン」ではiPhoneやキッズケータイとは異なる番号が新たに付与されるので、電話番号を共通化できない。

「ウォッチナンバープラン」は、au回線を契約しているとiPhone標準のWatchアプリ上で申込みが行える。一方、au回線を契約していない場合でも、KDDI直営店で申込みが行える。

■au回線が無い場合も、au直営店で申込み可能
au回線が無い場合も、au直営店で申込み可能

au直営店での申込みの際には、以下が必要。

・契約者の本人確認書類、支払い用のクレジットカードなど
・SIMフリーまたはロック解除されたiPhone
・Apple Watch本体と、そのEIDが確認できるもの

子どもが使うApple Watch用に「ウォッチナンバープラン」を契約するなど、利用者が子どもの場合でも、契約者と住所が同じかつ姓が同一であれば契約者本人のみの来店でも契約手続きは可能。(子どもは来店しなくてもok)

「ウォッチナンバープラン」の申込みは、Apple Watch専用の料金プランを新規契約するため、通常のスマートフォンやケータイの回線申込みと同様に、本人確認などの手続きがある。

申込み前の事前準備として、iPhoneとApple Watchのペアリングを完了させておくほか、子どもがApple Watchを使う場合には、「ファミリー共有設定」を使って、子ども用のApple IDを設定しておくことを推奨。

KDDIのWebサイトによると、「ウォッチナンバープラン」に申込みするためのメインデバイスはiPhone 6s以降、Apple WatchはSeries 4以降が必要。Cellular通信対応モデルのApple Watchを子どもに「お下がり」する場合など、少し古い世代のApple Watchでも申込みできる。

本体購入などを伴わない契約の場合、店頭での支払いは不要。ただし、「ウォッチナンバープラン」の新規契約は事務手数料として3,300円が発生する。手数料は、au直営店での申込みでも、既にauスマートフォンを契約済みで「ウォッチナンバープラン」を新規契約する場合も同額。

au直営店での「ウォッチナンバープラン」申込み時は、SIMフリーのiPhoneにSIMカードを挿して、ペアリング設定したApple Watchと接続して設定を完了させる。(この時のSIMカードは、au直営店で用意されるので、契約者側で用意は不要。)

■auのSIMカードをSIMフリーのiPhoneに挿して設定する
auのSIMカードをSIMフリーのiPhoneに挿して設定完了
※SIMフリーiPhone以外に、おそらくauが過去に販売したiPhoneでも設定可能と思われる。(ただしこれは自己責任)

au直営店での申込み・設定が完了すると、その場ですぐにApple Watch単体での音声通話・データ通信が利用可能となる。

■Apple Watch単体で音声通話・データ通信が可能に
Apple Watch単体で音声通話・データ通信が可能に

なお、制限事項として1台のiPhoneで設定できるApple Watchは、同一の電話番号を使うナンバーシェアでは1台まで、異なる番号を付与するウォッチナンバーでは、最大で5台まで設定できる。

例えば、親がiPhone+Apple Watchを使い、子どもが新たにApple Watchを「ウォッチナンバー」単体で使う場合も、1台のiPhoneで設定・管理が行える。

スタートしたばかりの「ウォッチナンバープラン」、しばらくは子ども用のApple Watchのプランとして使ってみるつもり。