ドコモ「Wi-Fi STATION SH-52B」でソフトウェア更新

スポンサーリンク

ドコモは、2021年11月1日にモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-52B」向けにソフトウェア更新を提供開始した。最新版のソフトウェアバージョンは「S3.73.03」。

ドコモの公式サイトのお知らせによると、タッチパネルの反応が遅くなる場合がある事象が改善される。ソフトウェア更新により、一部の仕様変更や表示変更などが含まれる場合があるものの、通信速度の向上や大きな機能追加などは記載されていない。

ドコモのお知らせは以下にて。

Wi-Fi STATION SH-52Bのソフトウェアアップデート | お客様サポート | NTTドコモ

改善される事象
タッチパネルの反応が遅くなる場合があります。

■「Wi-Fi STATION SH-52B」主要スペック
5G(sub6):下り最大4.2Gbps / 上り最大218Mbps
4G LTE:下り最大1.7Gbps / 上り最大131.3Mbps
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6接続時 1201Mpbs)
有線LAN:クレードルで対応(1000BASE-T)
同時接続台数:Wi-Fi 16台 + USBまたは有線LANで1台
接続端子:USB Type-C
メーカー:シャープ
バッテリー容量:4,000mAh
大きさ:74×108×15.7(mm)
重さ:166g

ドコモオンラインショップの「Wi-Fi STATION SH-52B」販売ページは以下にて。
Wi-Fi STATION SH-52B – ドコモオンラインショップ