ahamoで5Gを無効にする方法、iPhone/Androidの端末設定で4G固定可

スポンサーリンク

ドコモのオンライン専用プラン「ahamo」契約で5Gを無効化する方法について。

2021年11月16日時点で、「ahamo」はドコモの5G/4Gネットワークが利用できる。(サービス仕様上、3Gネットワークには接続できない。)

ドコモのギガホなどのプランと異なり、ahamoの料金プランには5G対応機種向けと4G対応機種向けのプランが分けられていないため、ahamoを契約またはプラン変更すると、自動的に5G/4Gネットワークが両方利用できる。(ただし、実際に5Gに接続できるかは端末の対応状況による)

ドコモの5Gは「瞬足5G」として、5Gサービス専用の帯域で提供しているものの、基地局から離れた場所では「パケ止まり」と呼ばれる事象により、通信品質が低下するケースがある。

■ドコモの「5G」で通信品質が低下する問題が継続
ドコモの「5G」で通信品質が低下する問題が継続

通信品質の低下はドコモも公式で認めており、品質改善に向けた取り組みを明らかにしている。

報道発表資料 : 5Gエリアの品質向上に向けてさらなる対策を実施 | お知らせ | NTTドコモ

5Gエリアの端などの電波品質の悪い環境において、通信速度が極端に低下することでアプリケーションやブラウザがエラーとなる事象、いわゆる「パケ止まり」は、エリア拡大期の5Gにおける課題のひとつです。
現在の5Gはエリアが連続していないためにエリアの端になる場所が多く、このような5Gの電波品質が悪い環境において、電波品質の良い4Gではなく5G単独の通信を継続する場合があります。

ただし、11月中旬時点でもドコモの5G接続中に通信速度が低下する事例は継続しており、問題は完全には解決していない模様。

iPhone 12 / 13シリーズや5G対応Androidスマートフォンをahamoで使う場合、5G基地局の密度が低いエリアで使う場合、5Gを無効にした方が快適に使える可能性があるので、端末側の設定方法をご紹介。

■iPhoneの場合
設定>モバイル通信>ahamo>音声通話とデータ>4Gに設定する

■Androidの場合
設定>接続>モバイルネットワーク>ネットワークモード>5Gを含まないモードに設定する
※機種によって異なる

端末側の設定を変更するだけで再び5Gを有効化できるので、5G基地局が設置されている屋内などで利用する機会がある場合、そのタイミングだけ5Gを再度有効にするのもアリ。

ahamoの申込み・サービス詳細は以下にて。
容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)