年末年始の帰省で”持ち帰る”ホームルーター、povo2.0+と中古品の組み合わせが激安

スポンサーリンク

年末年始の帰省中のインターネット回線として、povo2.0の使い放題と、au/UQが販売していたホームルーター(中古)の組み合わせが激安なのでご紹介。

■用意するもの・組み合わせ
回線:povo2.0「データ使い放題(24時間)」330円/1回
端末:au/UQのホームルーター(Speed Wi-Fi HOMEブランド)
その他:povo2.0を申込みするためのスマートフォン
※povo2.0はauショップなどでの店頭申込不可。

2021年にスタートした「povo2.0」は、月額基本料金は0円。24時間のデータ使い放題トッピングが330円。その他も多数のトッピングが提供されている。

「povo2.0」は新規契約時の事務手数料が無料かつ、トッピング(オプション)を購入しない場合は月額料金も0円なので、実家などの帰省先で光回線などの固定回線を契約していない場合に、「一時的に使う容量制限なしの回線」としても使いやすい。

povo2.0のデータ使い放題トッピングに関する説明は以下にて。
データ使い放題(24時間)|povo2.0

povo2.0は、スマートフォンやタブレットで使うほかに、据置用のホームルーターと組み合わせて使うことも可能。

4G LTE対応の中古ルーターは、中古ショップで3,000円以下で格安で販売されているの手頃な価格で入手できる。

■Speed Wi-Fi HOME L02
Speed Wi-Fi HOME L02

一例として、イオシスの2021年12月10日時点で比較的在庫が多い「Speed Wi-Fi HOME L02」の販売ページは以下。

「Speed Wi-Fi HOME L02 HWS33SWU」の検索結果 – イオシス

じゃんぱらの「Speed Wi-Fi HOME」デバイスの販売ページは以下。

Speed Wi-Fi HOME(全カテゴリ)の検索結果 全店舗|じゃんぱら

これらのホームルーターを「povo2.0」で使うには、SIMカードを物理SIM(nanoSIM)で使うことと、ホームルーター側の設定を「ハイスピードプラスエリアモード」(5Gルーターではプラスエリアモード)で使うこと。

ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX 2+に加えてauの4G LTEが利用できる通信モードで、WiMAX 2+契約では追加料金が発生する旨の注意が表示されるものの、povo2.0で使う上では同モードを有効にしたことによる追加の料金発生はない。

5G対応エリア内であれば、5G対応のホームルーター(Speed Wi-Fi HOME 5G L11 / L12など)を使うことで、より快適な通信環境を構築できる。ただし、5G対応のホームルーターの白ロム価格は、4G LTE対応のものと比べると割高。

5G対応かつ本体価格を抑えたい…という場合には、「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」の選択肢もある。こちらは本体価格10,000円程度で入手できるので、モバイルして使いたい場合にはこちらも。

「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」の検索結果(イオシス)

povo2.0のWebサイトは以下にて。
基本料ゼロから始めるオールトッピングプラン|【公式】povo2.0