povo2.0に申込集中で本人確認が遅延、楽天モバイルの0円終了が影響か

スポンサーリンク

KDDIは、2022年5月14日付けのお知らせとして、オンライン専用料金プラン「povo2.0」で申込が集中し、本人確認に通常よりも時間がかかっていることを案内している。

povo2.0のお知らせは以下にて。

5月14日現在、お申し込み集中により、ご本人さま確認にお時間を頂戴しております。 – povo2.0

平素はpovoをご利用いただき誠にありがとうございます。
お申し込み集中により、ご本人さま確認にお時間を頂戴しております。
完了はメールにてお知らせいたしますのでお待ちください。

申込急増の背景には、5月13日(金)に楽天モバイルが新プランを発表、7月1日からは「1GB未満は0円で維持できる」という特典が撤廃されることが原因と思われる。

楽天モバイルが「1GB未満は無料」撤廃、既存ユーザーも最低で月額1,078円に自動移行(7月1日から)
楽天モバイルは、2022年7月1日より新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」を提供する。既に楽天モバイルを契約中のユーザーは、新プランに自動移行される。 新プランでは、月間のデータ通信量が1GB未満でも1,078円(税別980円)の月額料金が発生する。 ■楽...

povo2.0では、基本料金が無料であることを改めてアピールしていた。

また、povo2.0の基本プランについては見直す方針ではないことが、決算発表で語られている。

5月13日の決算発表に関する記事はケータイ Watchにて。

KDDIの高橋社長「povo 2.0の0円、やめる理屈がありません」 – ケータイ Watch

KDDIの髙橋誠代表取締役社長は、13日、決算会見の質疑応答で、「povo 2.0は0円を止めることはないか」と問われ「止める理屈がない」と率直に回答した。

なお、povo2.0は以下のケースに合致する場合に回線停止または契約解除の対象となる(事前に警告あり)

・トッピングを最後に購入してから180日以上が経過している
・トッピングの購入から180日間の通話量・SMS送信料の合計額が660円未満(月平均で110円以下)

povo2.0、180日以上トッピング購入なしで利用料金660円未満なら回線停止・解約の対象に
KDDIが9月29日に提供開始する「povo2.0」の回線停止・強制解約の条件が、ケータイ WatchとITMediaにて紹介されている。 「povo2.0」は、ベースプランの月額料金が0円で、必要なデータ通信や音声通話に関するサービスを「トッピング」として購入する。 ...

povo2.0のサービス紹介・申込は以下にて。