glafitとOpenStreetが提携、小型の電動スクーターを開発・販売へ

スポンサーリンク

シェアサイクル「HELLO CYCLING」などのシェア交通サービスを提供する「OpenStreet」と、原動機付自転車(いわゆる原付)と自転車をモード切り替えで実現する二輪車などを開発した「glafit」は、業務提携契約を締結した。

glafitのプレスリリースは以下にて。
【glafitとOpenStreet が業務提携】次世代モビリティメーカーと国内最大級シェアモビリティサービス事業者が連携し、新車両区分の特定小型原付車両を共同開発 | glafit公式|公道走行可能な電動バイク・電動キックボードメーカー

2022年4月に可決された道路交通法改正案によって誕生した新たな車両区分特定小型原動機付自転車に適合する車両を共同開発し、シェアサービス向けの提供と、一般販売を予定しているとのこと。

プレスリリースに記載のある通り、車両はいわゆる電動キックボードではなく小型電動スクーターとのこと。

また、今回共同開発する「特定小型原付」車両は、電動キックボードではなく「小型電動スクーター」で、一般販売も同時に開始予定です。「特定小型原付」が移動の選択肢として広く普及するための最適解として提案できるモビリティになると思っております。

glafitは、電動バイクと自転車をモード切り替えで走行できる車両を製造・販売している。

GFR-02 | glafit公式|公道走行可能な電動バイク・電動キックボードメーカー

スポンサーリンク

このエントリをシェアする

フォローする