【SoftBank】2021年度末までに非契約者もWebサイトで端末単体購入可能に

スポンサーリンク

ソフトバンクは、総務省が開催した「競争ルールの検証に関するワーキンググループ(第16回)」の事業者ヒアリングで提出した資料で、2021年末までにソフトバンクユーザー以外も、自社の公式Webサイト(ソフトバンクオンラインショップ)で、ソフトバンクが発売する機種を販売する方針を明らかに。

ソフトバンクは現在、公式オンラインストアでの端末販売を自社回線の契約者(または新規契約者)に限られており、ソフトバンクの回線契約と関係なしに端末を購入することはできない。

この制限を撤廃し、ソフトバンク回線の契約者以外でもオンラインショップでの端末購入を認める方針。

■ソフトバンクユーザー以外もWebサイトから端末購入可能に
ソフトバンクユーザー以外もWebサイトから端末購入可能に

ソフトバンクでは、街中の「ソフトバンクショップ」で、本体を単体購入できるケースがあるものの、「在庫が無い」という理由で断られたり、回線契約を伴う購入(機種変更など)と比べて本体代金が割高に設定されるケースがあるなどの問題がある。

ソフトバンクの公式オンラインストアでソフトバンクユーザー以外も端末が購入可能になることで、これらの問題が解決することに期待したいところ。

ソフトバンクオンラインショップのWebサイトは以下にて。
ソフトバンクオンラインショップ