ソフトバンクがeSIM提供開始、オンラインで申込から最短1時間で利用可能に

スポンサーリンク

ソフトバンクは、2021年7月14日よりeSIMサービスを提供開始した。

eSIMは、物理的なSIMカードの配送や入れ替えが不要で、iPhone、iPad、Pixelスマートフォンなどがサポートしている。ソフトバンクの販売する機種では、iPhone XR以降のiPhoneと、Pixel 4以降の機種でeSIMが利用可能。

ソフトバンクのeSIM提供に関するプレスリリースは以下にて。

eSIMを7月14日に提供開始 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”のスマートフォン(スマホ)向け料金サービスにおいて、eSIM(embedded Subscriber Identity Moduleの略、組み込み式SIM)※1の提供を、2021年7月14日に開始します。

ソフトバンク:eSIM提供概要

■提供開始日
2021年7月14日(水)

■対応機種
iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max
iPhone XR / XS / XS Max
Pixel 5
Pixel 4 / 4a / 4a(5G)/4 XL
※ソフトバンクが販売する機種のみ紹介

eSIMの対応機種に関する詳細は以下にて。
eSIM 動作確認済み機種一覧 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクの公式オンラインストア「ソフトバンクオンラインショップ」でオンライン本人確認(eKYC)を利用して契約すると、最短で1時間で通信サービスを利用できるようになる。

既にソフトバンクの物理SIMカード(USIMカード)を契約中のユーザーがeSIMに変更する場合、ソフトバンクショップで手続きが必要となる。手数料は3,300円。

eSIM契約時の手数料として、新規契約、機種変更、eSIMの再発行は事務手数料として3,300円が発生する。ただし、オンラインショップやmy SoftBankにてeSIMの再発行を行った場合の手数料は無料。

■eSIMに関する手数料
eSIMに関する手数料

ソフトバンクオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ