名古屋の「カリテコバイク」ポート数が109か所、自転車台数が300台に拡大

スポンサーリンク

名鉄協商が名古屋市にて提供する「カリテコバイク」のポート数が109か所、自転車台数が300台に拡大している。

■カリテコバイク、ポート数は100か所以上に拡大
UntitledImage
※ポートマップはコチラ

カリテコバイクは、2019年5月にスタートしたサービスで、開始時のポートは名鉄名古屋駅や名鉄協商の駐車場に限られ、名古屋市内に10か所のみだった。

2021年10月現在は、市内のファミリーマートなどにポートを設置し、ポート数は100か所以上、自転車台数も300台以上に拡大している。

レンタル料金はサービス開始時から据え置きで、最初の30分間は165円、以降は30分ごとに110円。最大料金として、日中時間帯(08-20時)は1,320円、夜間(20-08)は550円の上限が適用される。

■カリテコバイク料金
UntitledImage

東京・名古屋などで投入される、新型アタッチメントを導入するほか、ハンドル部にスマートフォンホルダーを搭載しないタイプの自転車も投入している。(スタート時は、ホルダーを搭載するタイプの自転車のみだった。)

■複数のタイプの自転車を投入
複数のタイプの自転車を投入

カリテコバイクのWebサイトは以下にて。
名古屋(名駅~栄)の街ブラ、観光、ビジネスに!名鉄協商シェアサイクル「カリテコバイク」