アプリ版「新型コロナワクチン接種証明書」提供開始、マイナンバーカードで登録可

スポンサーリンク

デジタル庁は、新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン接種証明書をスマートフォン上のアプリで表示する「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を2021年12月20日に提供開始した。

アプリは、Google PlayおよびApp Storeにて無料でダウンロードできる。

Google Playからのダウンロードは以下にて。
新型コロナワクチン接種証明書アプリ – Google Play のアプリ

App Storeからのダウンロードは以下にて。
「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をApp Storeで

■必要環境
OS:Android OS 8.0 または iOS 13.7以降
デバイス:NFC Type B対応スマートフォン
その他:マイナンバーカード(暗証番号の入力が必要)

接種証明書アプリをインストールした後、スマートフォンのNFCリーダー部分にマイナンバーカードを近づけ、マイナンバーカードの数字4桁のパスワード(券面入力補助用暗証番号)を入力すると、アプリ上で接種証明を表示できるようになる。

事前にマイナンバーカードとパスワードを準備しておけば、早ければ2,3分で手続きが完了する。

また、海外用の接種証明書が必要となる場合は、上記の手順に加えてパスポートの顔写真ページをカメラでかざすことで、パスポート番号や氏名(ローマ字表記)などの情報を表示できる。

手元の環境で試したところ、同一人物の接種証明書を複数のデバイスで表示することも可能。スマートフォンを複数台運用している場合でも、接種証明書アプリを利用する端末を1台に限定することなく、アプリで接種証明を利用できる。

デジタル庁のWebサイトでの「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」に関する案内は以下にて。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ |デジタル庁

なお、マイナンバーカードに旧姓表記がある場合についてはアプリで接種証明書が発行できないが、これは近日中に対応予定である旨がQ&Aに掲載されている。

よくある質問|デジタル庁

Q3-6 マイナンバーカードに旧姓併記がある場合、アプリで接種証明書は発行できますか。

A3-6
近日中に対応予定です。