練馬区シェアサイクルが他区連携に対応、2022年4月から

スポンサーリンク

練馬区にてドコモ・バイクシェアが運営中の「練馬区シェアサイクル」は、2022年4月1日より、ドコモ・バイクシェアが東京都内の13区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、目黒区、大田区、渋谷区、中野区、杉並区)で提供中のシェアサイクルとの広域相互利用に対応する。

練馬区シェアサイクルのお知らせは以下にて。

お知らせ詳細 | 東京・練馬区シェアサイクル(レンタサイクル)

練馬区シェアサイクルは2022年4月1日(金)より「広域相互利用」を開始いたします。

また、新規に区内の駅やバス停などの駐輪場10カ所にポートを設置する。新規に設置するポートは、すべて駐輪台数の制限が設定され、ラック数以上に返却はできない。

練馬区シェアサイクルは、2017年10月1日にスタートしたものの、その時点で既に広域相互利用に対応していた7区(千代田区、中央区、港区、江東区、新宿区、文京区、渋谷区)との相互連携には対応せず、練馬区内のみで利用可能なシェアサイクルだった。

■練馬区シェアサイクル:他区との乗り入れには非対応だった
練馬区シェアサイクル:10月1日スタート

今回、練馬区が都内の広域相互利用に対応することで、東京都内のドコモ・バイクシェア系のシェアサイクルのポート数は14区合計で1,000カ所を突破する。

「東京自転車シェアリング」のサービス詳細は以下にて。
東京・自転車シェアリング(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・江東区・品川区・目黒区・大田区・渋谷区・中野区・杉並区)