楽天モバイルの通信障害は約130万回線に影響、ネットワーク再起動に伴う輻輳が原因

スポンサーリンク

楽天モバイルは、「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」の契約者の一部で発生したネットワーク障害(2022年9月4日発生)について、その影響回線数などの詳細を発表した。

影響エリアは全国で、影響回線数は約130万回線、原因はネットワーク設備の再起動に伴うトラフィック輻輳としている。

楽天モバイルのお知らせは以下にて。

(復旧済み)一部のお客様において通話・データ通信がご利用しづらい事象について | 障害情報 | 楽天モバイル

■影響エリア
全国

■影響回線数
約130万回線

■影響サービス
一部のお客様の通話・データ通信のご利用

■原因
ネットワーク設備再起動に伴うトラヒック輻輳のため

楽天モバイルでは、「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」の提供開始によって、これまで月間1GB未満は無料だった料金を、3GB未満まで1,078円と有料化した。

ただし、7月〜8月の間は月間の通信量が1GB未満なら料金が無料になるキャンペーンを開催していた。9月〜10月は、通信量が1GB未満なら1,078ポイントを還元するキャンペーンを実施している。

楽天モバイルのサービス詳細・申込は以下にて。
→スマホからの申込も可能。