警察(110番)通報後に動画アップ可能に、全国で10月1日から試行運用

スポンサーリンク

警察庁は、110番で通報を受けた際に、通報者が映像・動画をアップロードできるシステムを2022年10月1日より全国で試行運用し、2023年4月1日に本格導入を目指す。

警察庁のお知らせは以下にて。

110番映像通報システムの試行運用の開始について(PDF)

警視庁のお知らせによると、通報者が110番に通報した後、通報を受けた司令室側で動画送信の必要性があると判断された場合に、通報者の同意を得た上でスマートフォンなどにSMSでワンタイムURLを送信し、SMS経由で映像・動画をアップロードまたはリアルタイムで配信できる。システムの利用に係る料金は無料、ただしデータ送信に係る通信料は自己負担となる。

映像をアップロードするには、通報時に口頭で通知されるアクセスコードによる認証が必要。

アップロードされた映像は、通信指令室で受信され、現場に向かう警察官に転送されるとのこと。

通信指令室で受信した映像等は、現場に臨場する警察官に送信し、初動警察活動に活用。また、県境の事案等については、他県警察の通信指令室へも送信可能。

映像通報システムの使用方法イメージは以下の通り。

■110番映像通報システムの使用方法イメージ
110番映像通報システムの使用方法イメージ