KDDI、「Starlink」を国内法人や自治体向けに提供

スポンサーリンク

KDDIは、衛星ブロードバンド通信サービス「Starlink」を国内の法人企業や自治体自治体向けに提供する。

スペースXの衛星ブロードバンド「Starlink」を法人・自治体向けに提供 | 2022年 | KDDI株式会社

本契約に基づき、KDDIは「認定Starlinkインテグレーター」として、これまで通信環境の構築が課題とされていた山間部や島しょ地域、自然災害時などにおいて安定かつ高信頼な通信を必要とする法人企業や自治体のお客さまに、「Starlink」の高性能なネットワークを提供できるようになります。これに先立ち、KDDIは2021年から国内にて「Starlink」の技術検証に取り組んでおり、au基地局のバックホール回線への利用を含め、サービス品質と性能の実証を行ってきました。

Starlinkは、2022年10月11日より日本国内向けにもサービスを提供しており、同日時点で東日本エリアを中心にサービスを利用できる。

衛星通信サービス「Starlink」が国内で利用可能に、初期費用73,000円・月額12,300円
衛星通信サービス「Starlink」が日本国内でも利用可能に。 StarlinkのWebサイトは以下にて。 Starlink を注文する StarlinkのWebサイトによると、2022年10月12日時点で国内でサービスが利用できるエリアは、首都圏を含む東日本エリア...

このほか、KDDIでは2021年9月にau基地局のバックホール回線にStarlinkを使うことにも合意している。KDDIのプレスリリースによると、Starlinkは高度550kmの低軌道上に配置され、従来の静止軌道衛星に比べて地上からの距離が65分の1の距離にあるため、従来と比べて大幅に低遅延かつ高速なサービスを提供できるという。