異文化間コミュニケーション論で学んだこと

スポンサーリンク

大学の授業で、異文化間コミュニケーション論と名のつく授業を履修している。

授業名のせいか、教授が外国人のためか、外国人の学生比率が高い授業。
偶然、席が隣あった西洋風の学生のノートにふと目をやると、母国語きっちり書かれたノートの上に、

人の顔の落書き

を発見。

授業中にノートに落書きという文化は、世界文化なのかも。