Opera First Quarter 2008

スポンサーリンク

Operaの2008年、第1Qの財務情報が公開されている。
Financial Year 2008

慣れない英語の資料を読みながら、いくつか気になった点をピックアップしてみた。

  1. DesktopとInternet Deviceの売上割合は20%:80%
  2. Internet Deviceの中心はケータイ&スマートフォンだと考えて良いだろう。
    とすると、売上から考えるとDesktopが占める割合は小さいわけで、今後はよりモバイルの展開に力を入れていく事が当然考えられる。
    そこで個人的な要望を一つ。

    是非ともOpera Mobile9.5に、Opera Linkを入れて欲しい…。
    (Opera Mini4に入ってるのに…。と考えるととても悔しい)

  3. Opera Miniは約12百万ユニークユーザ/月
  4. Javaアプリ版のOpera、『Opera Mini』は日本では動作する端末が少ないものの、海外ではかなり使われている事がわかる数字。

    12百万がどれだけの数字かと言えば、

    ・日本の2Gユーザーが、4月末で約1330万(TCA発表より)
    ・ソフトバンクモバイルのホワイトプラン利用者数(08年5月時点で1300万)
    ・パケ・ホーダイ契約者数が1,300万件以上(『全FOMA契約者の30%が契約』という夏野氏の発言より)

    …とか書いているうちに多いのか少ないのかわかりにくくなったけど、率直にとにかく多いというのが個人的な意見。

  5. モバイルからのネット利用の多くはSNS
  6. 世界全体ではトラフィックの40%がSNS。
    USA、南アフリカ、インドでは60%にも上る。
    と言うレポートがある。

    モバイルからSNSの利用が活発。という点について、日本でもmixiのモバイルが流行っていたりモバゲーであったりという実績があるので、特に疑わないけれど、トラフィックの40%といわれると若干違和感がある。

    この40%という数字は、Operaがモバイルで扱えるデータ形式に、例えばFLASHの動画などが入ったりすると、トラフィック量という意味ではYoutubeなどが台頭してきて大幅に変わったりするんじゃないかな?とか考えてみた。
    #結果的にSNS内部に動画が掲載されて、またSNSのトラフィックが伸びるという事も考えられるけど。

  7. My Operaの登録件数が約140万件
  8. 僕自身について言えばMy Operaの利用はOpera Linkを使うために登録はしているものの、それ以上は特に何もしていない。

    この140万件の利用目的が、僕と同じようにOpera Linkだけ利用のユーザーが多いのか、Blogを書いてるユーザーが多いのかは興味ある。
    というのも、My Operaでユーザーのアカウントをガンガン登録させて、ブックマーク・写真をサーバ上に保存させ、PCでもモバイルでもOperaがあるとそれらの情報を便利に取り出せる…。という環境に持ってけたら便利ではあるなぁ。と思っているので。

さてさて、Desktop、Mobile共にバージョン9.5の登場が秒読みとなってまいりました…。
発表はまだかっ!?