WiFiSnapの便利な起動方法

WILLCOM、イー・モバイル向けのルーター化ソフトウェア『WiFiSnap』をアドエスで使っている。
これまでちょっと手間だったのが通常起動をすると、『接続切り替え』の画面が表示されて、僕の目的である『ルーター化』を行うためには、一度サブメニューから『ルーター化』を選択する必要があった。

『多分あるんだろうなぁ。』と思って調べなかったんだけど、Twitterである方のつぶやきで、『ルーター化画面』で起動する方法を発見した。

WiFiSnap Support
で、指定方法は簡単。パラメータを付けるだけ。

-a ルータ化での起動(ルータ化画面の表示)を行います。
(このパラメタが無いと、接続切り替えの画面になります。)

他にも、ルーター化した上で、『Start』を押した状態まで指定できるオプションや、バックグラウンドでルーター化を行うオプションなど、便利な情報がイッパイ。

-a ルータ化での起動(ルータ化画面の表示)を行います。
(このパラメタが無いと、接続切り替えの画面になります。)

-ax ルータ化で起動して、Startを押した状態にします。
(あらかじめ、正しい設定が行われている必要があります)。

-h バックグランドで起動します(接続切替モード)。

-ha バックグランドでルータ化を起動します。

-hax バックグランドでルータ化をStartを押した状態で起動します。
(あらかじめ、正しい設定が行われている必要があります)。

と言うわけで、WiFiSnapユーザは必見です。
ちなみに、これらの利用は『自己責任で』とのこと。