2011年3月のパケット通信量/通話時間

スポンサーリンク

2011年3月の各種回線のパケット通信量と通話時間の集計。
これまでは翌月2日ぐらいまでに集計かけていたけれど、3月分からは、docomoの通信量を正確に集計するために、翌月10日まで待ってから集計する事にした(^ ^;
⇒docomoのパケット通信量集計、1,000万パケット以上でもすぐに集計出るようにならないかなぁ…。

■モバイル回線のパケット通信量

2011年 docomo
(ケータイ)
docomo
(定額データ)
WiMAX 合計
1月 2,842,667 15,297,734 219,775,740 232,618,407
2月 2,348,257 24,785,216 187,201,587 214,335,060
3月 3,820,657 38,733,051 281,126,996 323,680,704

*単位 パケット

■docomo(ケータイ)
380万パケット

主にF-01Aで使っているdocomoのiモード回線で発生したパケット通信料は380万パケット。
普段は大体200万パケット/月ぐらいなのでかなり大きい計算になるけれど、これといってパケット通信量が大きくなるような使い方をした記憶が無いのが不思議なところ。

F-01Aを機種変更する機種として考えていたのは、F-01Cが第一候補だったけれど、4月以降に発売されるdocomo端末はSIMロック解除が可能だし、SIMロック解除可能な端末でアクセスポイントモード使うのも悪くないな。という事で、いったん夏モデルの発表を待ってから乗り換える機種を決める事にした(^ ^)

■docomo(定額データ回線)
3,800万パケット

外出中のモバイルWi-Fiルータとして最も利用頻度が高いBF-01B回線の通信量は3,800万パケットだった。

2月の2,400万パケット ⇒ 3月は3,800万パケットとなり、通信量は60%増加。
かなり通信量が増えているのは、それだけBF-01B + 純正docomo回線が快適だから。という事も言えるわけで、

・docomo回線が利用可能なエリアが広い
・公衆無線LANに自動切換え可能
・バッテリ長持ち&互換バッテリが安い
・クレードル標準同梱で、『つけっぱなし運用』ができる

と言ったあたりで、BF-01B + docomo純正回線には大満足している(^ ^)

■WiMAX
28億パケット(約 33GB)

主に自宅回線として利用しているWiMAX回線の通信量は約28億パケット = 33GBとなった。
回線の速度面では、『最近ちょっと時間帯によっては速度低下してきているかも?』と感じることはたまにあるけれど、引き続き問題なく利用できている(^ ^)
ただ、利用しているWM3500Rが突如通信しなくなるようなことがまれにあって、そうなったときはWM3500Rを再起動する事で解決しているんだけれど、この辺はファームウェアのバージョンアップなんかで解決されないだろうか…。

このBlogで何度か紹介している、BIGLOBEがMVNOとして提供している『BIGLBOE WiMAX』で行われているWM3500Rの投売キャンペーンは、3月末 ⇒ 5月末と期間が延長されたので、WiMAXをこれから使い始める。という方にはオススメの選択肢。

BIGLOBE:WiMAXキャンペーン・特典

■通話時間

パケット通信量に続いて、WILLCOMの『だれとでも定額』回線と、SkypeOutでの通話時間の集計。

2011年 WILLCOM Skype Out 合計
1月 01:07 00:07 01:14
2月 00:29 01:09 01:38
3月 01:18 00:06 01:24

*単位 時間:分

■WILLCOM 通話時間
1時間18分

『だれとでも定額』を契約しているX PLATE(WX130S)Sでの通話時間は1時間18分だった。
3月は、東日本大震災発生後に、約1週間ぐらい自宅勤務状況が続いて、その状況で自宅勤務者同士の連絡だったり、取引先への連絡用の電話として使うX PLATEの音声通話を利用する機会が増えた。
*とはいえ通話時間にすると1時間/月とかなので大したことは無いけど…。

『だれとでも定額』はかなり強力な料金プランなんだけれど、X PLATEが残念なのはハンズフリーも外部マイクもBluetoothヘッドセットも非サポートなところ。
『音声通話に特化』した端末として低コストな端末を目指した結果。という事かもしれないけれど、今後はこの辺をサポートした端末が出てくれればなぁ…。と思っている。

ちなみに、今更だけれどX PLATEに新色が追加された(^ ^)

ウィルコム、「X PLATE」の新色を発売 – ケータイ Watch

記事によると、『だれとでも定額』提供後にニーズが高まったとのこと。

X PLATEではないけれど、かつて提供されていた、『HONEY BEE』とブルーシール アイスクリームとコラボレーションモデルは、強烈に欲しい!と思っていた時期があって、特に使い道がなさそうながらも、新規で契約する事を考えていたことがあった(^ ^;

ウィルコム、HONEY BEEでアイスクリームブランドとコラボ

SBMグループの一員となった新生WILLCOMとしては音声端末に力を入れていくと予想されるので、今後どんな端末が出てくるかなぁ…。

■Skype Out利用時間
0時間6分

3月はSkype Outを殆ど使わなかった…(^ ^;
せっかく日本の固定電話を対象とした『かけ放題』プランに加入しているんだから、積極的に使っていかないとなー。

と思いつつ、Skype Outを使わない理由としては、しょっちゅう連絡を取る相手はSkype同士の音声通話が行える事が多くて、時間は集計できないけれど、Skype同士の通話だったら恐らく10時間/月ぐらいは利用していると思われる。

先日、Skype&KDDIのキャンペーンとして、『世界中どこでもプラン』が1ヶ月無料になるキャンペーンに申し込む事が出来たので、使う機会があったらこちらも活用したいなと(^ ^;
Skype、KDDIと通話1カ月無料クーポンを先着10万名に提供 – ケータイ Watch