香港でSIMロックフリー版のiPhone 4Sを購入した理由

スポンサーリンク

香港への旅行中にSIMロックフリー版のiPhone 4Sを購入したのは、以下のエントリでご報告した通り。
SIMロックフリーのiPhone 4Sを香港の先達広場で購入してきた | shimajiro@mobiler

で、今回SIMをロックフリー版のiPhone 4Sを購入に至った理由を自分なりに整理してみた。

  1. iPod touch第4世代がもっさりに感じるようになっていた
  2. 購入当時は、かなりサクサクに感じていたiPod touch第4世代だけれど、デュアルコアCPU搭載のGALAXY S2を使い始めてから、GALAXY S2の方が使い勝手が良い。
    と感じるようになって、iPod touchを『インターネット端末』として利用する頻度は一気に減少していったのが、よりスペックアップしたiPhone 4Sを購入しよう。と思った一番の理由。

    最終的に、GALAXY S2にリプレイス出来なかったiPod touchの使い方としては、以下の3点。
    ・iTunes経由で同期した音楽を再生をする
    ・Bylineを使ってGoogleReaderに登録したフィードを閲覧する
    ・Picasaにアップロードした画像を端末側で確認する
    *やろうと思えばできるけれど、『iPod touchの方が快適だった』という方が正確だけど。

    上記の使い方であれば、ハードウェアスペックの遅さをさほど感じる事無く利用する事ができていたので、GALAXY S2の利用開始以降は、上記の使い方に絞って使ってiPod touchをいたけれど、発売されたばかりのiPhone 4Sを購入した友人に触らせてもらったところ、CPUがデュアルコアに変更になった事で、これまでiPod touch第4世代で感じていた『もっさり感』を感じる事が無くなったので、改めて道具として十分快適に使う事ができる。と実感したので、iPhone 4Sの購入を決めた次第。

    iPod tocchに搭載されていない機能としては、音声通話とGPSの機能があって、これが旅行先などでGoogleMapを使ったり、foursquareでチェックインしたり、位置情報を絡めて何かしようとした時には不便だったので、この点もiPhone 4Sなら問題を解決する事ができたのも、購入に至った理由(^ ^)

  3. docomoのXi対応スマートフォン向けの料金プランはテザリング可能&docomo内の通話が定額
  4. ・docomo向けの音声通話が定額になるオプションがある
    ・テザリングの利用時も、パケット通信料上限は変わらない

    という、かなりアグレッシブな料金プランとなっているdocomoのXi対応スマートフォン向けの料金プランが、Xi対応スマートフォンを購入しなくても受付可能。という回答をdocomoのサポートセンターでもらったので、契約変更をする事も含めて検討中。

    Xi総合プランの受付に関する詳細については、以下のエントリにて。
    Xi総合プランへの契約変更はFOMA端末のままで受付可能 | shimajiro@mobiler

    取り急ぎ、モバイルWi-Fiルータ経由での利用がメインになると思っているのだけれど、docomoのXiスマートフォン向けの料金プランを契約して、SIMロックフリーのiPhone 4Sを使ってテザリングだったりdocomo向けの音声通話し放題を利用する。

    という使い方も、十分ありえと考えたので、Xi対応スマートフォン向けの料金プランがスタートしたら、Xi向けの料金プラン + SIMロックフリーのiPhone 4Sで使えそうというのも大きな理由(^ ^)
    *国内版のiPhone 4Sではテザリング利用が出来無いけれど、SIMロックフリー版であれば制限がかけられていないので。

  5. 日本国内でのiPhone 4Sは、au版、SBM版共に回線契約が必要&SIMロックがかけられている
  6. 正確に言うと、回線契約をせずに国内版を白ロムで入手する方法も、あるにはあるけれど、仮に回線契約が不要だとしても、国内版のiPhone 4SにはSIMロックがかけられており、正規の手続きでは解除する事ができずにJailBreakが必要になるので、その手間とコストを考えると、海外のSIMロックフリー版を購入した方が自分の使い方には合ってると感じたため(^ ^;
    *SIMロックフリー版であれば、iPhone 4Sでのテザリングの利用も可能だし。

    先述の通り、国内での使い方としては、モバイルWi-Fiルータ経由での利用が多くなるハズなので、実はSIMロックフリーかどうか自体が重要な要素というよりも、キャリアとの二年間契約が不要で、ランニングコストが上がらない事の方が、僕の中では重要な要素だったりする(^ ^;

  7. 海外版でも国内のサポートが問題なく受けられる(ハズ)
  8. Appleがそれほど明確にしていないような気もするけれど、海外で購入したiPhoneでも、日本国内でAppleのサポートを受ける事ができるハズ。
    という事は、去年iPhone 4が香港で販売開始された後に『国外で購入したiPhoneのサポートって国内でどうなるの?』をAppleに問い合わせした時に確認済み。

    SIMフリーiPhoneを国内交換をするとどうなるの?を問い合わせてみた | shimajiro@mobiler

    厳密に言うとiPhone 4Sでどーなるのか?は確認していないけれど、わざわざ方針を変更するとも考えにくくて、iPhoneについては海外で購入した場合でも国内でAppleの保証は受けられる。と考えているので、もしも故障などなどがあっても何とかなる。と思っている(^ ^)

  9. iPhone 5が来年出たら売ればいーや。と思っている
  10. 2012年には登場予定。と噂のLTE対応版の『iPhone 5』だけれど、当然こちらも興味はあるんだけれど、発売されるかどうか不明だし、いつ頃出るのかも不明なので、長い事待っていてもしょうがないので、『今使える端末の中でスペックが良いもの』という事で、iPhone 4Sを購入した。

    仮に、iPhone 5が登場して購入したくなったら、今回購入したiPhone 4Sをは放せばよいし、その際にキャリアとの契約期間などなどを気にしなくて良いのが、端末を単体で購入した場合のメリットだと感じたので、キャリアとの契約が不要&SIMロックがかけられていないiPhone 4Sを購入した次第(^ ^)

  11. 先達広場に来た記念に
  12. 最後の理由は、せっかく香港の先達広場に来たんだし、契約不要でお金出せば外国人である僕でもサクっと買えるんだから、買ってしまえ!という記念的な意味で(^ ^;

    発売開始から日が浅くてまだプレミア価格的な値段ではあるけれど、これから急激に下がる事も考えにくいし(1〜2万円ぐらいは下がるかも、すぐに半額にはならないだろうと)どーせなら早いタイミングで買ってしまえ!的な発想で(^ ^)

そんな理由で購入したiPhone 4S、購入したばかりであまり設定などなどもしないまま、香港滞在中に使ってみたけれど、これまでiPod touch第4世代ではもっさり感を感じていらいらしていた操作にストレスが無くなったので、ひとまず満足している(^ ^)