【宮城県】県民限定でホテル宿泊券が半額、利用期間は10月1日〜3月31日

スポンサーリンク

宮城県は、観光支援事業「みやぎ宿泊割りキャンペーン」の第1弾として、「買って応援!宿泊前売券プラン」を2021年6月15日(火)10時よりスタートする。

宮城県内の宿泊施設の宿泊に使える前売り券5,000円を半額の2,500円で販売する。前売り券は、キャンペーン対象の宿泊施設で直接購入できる。キャンペーンの適用対象は宮城県民のみ。

キャンペーン特設ページは以下にて。

みやぎ宿泊割キャンペーン 特設ページ – 宮城県公式ウェブサイト

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により旅行需要が落ち込んでいる中,地域的な感染の拡がりを抑制しつつ,宿泊事業者への支援を早急に行う必要があるため,県内の宿泊施設で使える5,000円分の宿泊前売券を2,500円で販売します。

みやぎ宿泊割キャンペーン

■キャンペーン期間
販売期間:2021年6月15日 – 7月31日(※無くなり次第終了)
利用期間:2021年10月1日 – 2022年3月31日

■対象施設
宮城県内のキャンペーン対象施設

■キャンペーン内容
1セット5,000円の宿泊前売り券を2,500円で販売する

■適用・利用条件など
・利用上限は1泊10,000円/1人
・販売上限は宿泊施設あたり1人あたり30,000円(最大3泊相当)
・宮城県内の対象施設での宿泊に限る
・購入および宿泊は宮城県民に限る
・前売券を購入した宿泊施設でのみ利用可能(他の宿泊施設では利用不可)
・日帰りの場合は人数に関わらずグループ単位で「1人」とする
・全体の販売数は100万枚(総額10億円、うち県の補助金が5億円)
・スタート時点での対象施設は105施設(追加可能性あり)

同キャンペーンの詳細については、6月14日(月)の知事定例記者会見(YouTube)で公開されている。
※特設サイトは6月15日(火)10:00オープン予定。