【新宿区】未接種の50代にワクチン確保、約2,300人分

スポンサーリンク

新宿区は、新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン接種について、東京都から約2,300人分のワクチンを前倒しで供給を受け、まだワクチンを接種していない50歳代の区民に割り当てする。

供給時期や予約方法については、TwitterやFacebookなどのSNSを使い、新宿区の公式アカウント(新宿区政情報課)で発信する。

新型コロナワクチンをまだ接種していない50歳代の方へ:新宿区

50歳代の方へのワクチン接種を進めるため東京都から前倒しでワクチンが供給されることになりました(約2,300人分予定)。供給時期や接種予約の開始時期等が決まり次第、新宿区ホームページ・区公式SNS(下記)でお知らせします。区公式SNSアカウントのフォローをお願いします。

新宿区では、区の集団接種予約受付で40歳〜59歳の年代よりも、20歳〜49歳を先行して受付した。なお、区が公開している情報によると、7月27日時点での接種率は、40〜59歳の方が、20〜39歳よりも高い。

新宿区ワクチン接種率(40〜59歳)
新宿区ワクチン接種率(20〜39歳)
掲載元:区の新型コロナワクチン接種状況:新宿区

新宿区民が対象となるワクチン接種は、新宿区の個別・集団接種のほかにも、文京区、新宿区、港区の3区の区民を対象に東京ドームを会場として行われる接種がある。

文京区、新宿区、港区の住民向けに東京ドームでワクチン接種、8月10日(火)予約開始
文京区、新宿区、港区の3区は、3区の住民および住所地外接種を行って認められた方を対象に、東京ドームにて新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン接種を実施する。予約は8月10日(火)から。 文京区のWebサイトでの予約は案内は以下にて。 文京区 東京ドームを会場...