W-ZERO3[es]をメイン端末で使うには。

スポンサーリンク

WX310KとW-ZERO3[es]の両方を契約しているのがもったいなく感じる今日この頃。

WX310Kを解約して、W-ZERO3[es]をメイン端末として使おうかと検討中。しかしながら、現時点でW-ZERO3[es]をメイン端末として使うには以下の面が不十分。

・PDXドメインに届いたメールに対する返信元メールアカウントをPDX以外のメールアドレスに設定。
→WX310Kは事前にアカウント設定を行うことで、メール毎に返信元アドレスの設定が可能

・一般の携帯電話に備わっているような電話帳の使い勝手。
→やっぱりメインの通話端末として使うには電話帳は基本でしょう。

・新着メールと未読メールの件数をToday画面に表示
→PDXドメインのメールをPCに転送をかけているので、すべてのメールをW-ZERO3[es]上でチェックすることはなく、必然的に『未読メール』の件数は増加してしまうので。『新着メール』の有無が簡単に把握できることは大事。

で、この程度の事であれば慣れと努力次第で大体何とかなるんだろうなぁ。とは思いつつも、やはり仕事が始まるとW-ZERO3[es]と戯れることが出来る時間も限られてくるわけで…。
しばらくの間は引き続きWX310Kを使う予感。
W-ZERO3[es]をメイン端末で使うには、まだしばらく時間がかかりそう。