EM・ONEをモデムとして利用時の不安定さ

スポンサーリンク

先日行われたイーアクセスの決算発表にて、イーモバイルに関するコメント。
イー・モバイルの契約数は約3万件――イー・アクセス決算発表 (1/2)(ITmedia)

「データカードやエリア展開についての評価も高い。自宅は高層マンションの40階で、NTTドコモもソフトバンクモバイルも圏外。窓際でようやくauが入るという場所のため、近隣住人がMNPでauに乗り換えている。自宅のPC用にイー・モバイルのデータカードを使っているが、部屋の奥にある台所や書斎でも2.3~2.6Mbpsをコンスタントに出す。海外オペレーターのトップを自宅に招いてその速度を見せると、皆一様に驚き、さらに『月50ドルだけで使えるのはすごい』と評価してくれる。私のような使い方であればこの速度で十分なので、結局自宅の固定回線は解約してしまった」(千本氏)

千本氏と同じように、EM・ONEをPCと接続して、自宅の回線として利用している。

で、エリア展開についての評価が高いとの事なんだけれど、EM・ONEをモデムとして利用していて困るのは、通信が安定しない。という点に尽きる。通信が安定しない現象は、今のところ大きく2つに分類できる。

  1. PCとの接続が安定しない
  2. 既に何度か取り上げている通り、PCとの接続時に動作が安定しない。
    これは、OSのバージョンやハードウェア構成といったPC側の環境にもよるだろうし、一概にEM・ONEが悪いとは言えないとは思うのだけれど、今のところ決定的な改善策が無く、不具合が発生しないことを願いながらの利用。

    ⇒関連エントリ
    EM・ONEでGeneric Host process for win32 Servicesが終了する。(サイト内リンク)
    EM・ONEのモデム利用時の通信不能に関する情報(サイト内リンク)
    EM・ONEでPC がブルーバック(サイト内リンク)

  3. EM・ONEの通信が安定しない
  4. 自宅の回線として利用しているので、平日夜の利用が多い。
    同じ時間帯での利用者はそう多くないと思っているが、ダイヤルアップ時に「ネットワークへのコンピュータ登録」が終了しなかったり、無事に繋がった場合も、ネットワークには「接続」状態になっているにも関わらずパケットが流れてこなかったり、一時的に通信速度が極端に低下するなど、なかなかのじゃじゃ馬っぷり。

今のところ、EM・ONEは繋がれば早いけど、信頼性という意味では懸念が残る。というのが僕の評価。EM・ONEが安定しないときは、W-SIMが挿せる通信アダプタ”DD”を利用している(^ ^;
エリアの面からも、イーモバイルだけに頼りきるのは不安なので、しばらくはウィルコムとの併用が良さそう。