EMONSTERでOpera Mini4を快適に使う。

スポンサーリンク

EMONSTERで一番利用頻度の高いブラウザはJbed上で動作させている、Java版のOpera Mini4だったりする事は以前のエントリで紹介した通り。

Jbed上でのOpera Miniを利用する中で不便に感じていたのは、アプリケーション起動時に毎回現れるネットワークへのアクセスを確認するダイアログ。
まぁ確かに親切といえば親切ではあるが、『次回から確認しない』が無いのが不便。通信するたびに毎回ではないのでそれほど鬱陶しくは無いけれど、これを回避する方法が無いかな?と色々と情報をあさっていたところ、以下の情報に辿り着いた。

Opera Mini 4 Beta 2 (Plus info on new Java Midlet Manager) Updated: 09/08/07

簡単に説明すると、
以下、\になっている箇所は¥の半角

\windows\appdb\selector.utf

これがJavaアプリの設定ファイル。このファイルに記載されている、各アプリの設定の一部を書き換えるだけ。
設定を一部書き換えるだけではあるのだけれど、微妙に面倒くさいので注意が必要。

初期状態で、

domain=untrusted, \

となっている箇所を、テキストエディタで下記のように変更する。
(零号テキストエディタでも編集できたので、hex editor以外でも問題は無いと思われる。)
↑零号エディタで編集できないパターンが再現したので、もしかしたら環境依存かも。

domain=tckmax , \

“tckmax”と”,”の間には半角スペースを3つ入れないとダメらしい。少なくとも0や1つではダメだった。なんでダメだったのかは不明。

この設定で起動時にネットワークアクセスを確認するダイアログが出なくなる!
これでEMONSTER + Opera Miniがより快適に使えるー!!