バリ島旅行で役に立ったデジモノ

スポンサーリンク

テロの心配もあったけれど、特にトラブルもなく無事に帰国できました~。

忘れないうちに、今回の旅行でに持っていったデジモノの役立ち度をランク付け。

横綱:EMONSTER

現地で鬼に金棒の如く活躍を見せたEMONSTER + 現地SIM(telkomselのsimpatiを購入)
こいつのおかげで、食事から観光名所の情報収集、レストランを電話で予約したり、現地で安いツアーを企画している会社を検索して電話予約したり、現地での地図表示、カメラ撮影など、必要なことは一通りことが済んでしまったので、他の端末は全くといって良いほど触ることがなかった。

8月末に購入してから約二ヶ月。当初はWifiRouterだけ使えればいいや。と思っていたので、予想外の活躍を見せてくれたので本当に助かった。

大関:M-241(GPS)

今回の旅行のために購入したGPS、M-241。
実はまだあまり活用できていないのが恥ずかしいのだけれど、ログを確認したところ、ラフティングで川を下っている時に防水の袋に入れていた状態でもログが取れているようなので、後でじっくりと見てみたい。

そのほか、今回の旅行の移動時にはログを記録するようにしておいたので、後日ログを辿って回想するのも楽しみ。

関脇:eneloop関連製品
(USB充電タイプ、乾電池タイプ)

車での移動を含めて長時間の外出が多かったので、バッテリー切れは死活問題だったけれど、USB充電タイプのeneloopバッテリー経由で充電することでバッテリー切れは起きなかった。

M-241(GPS)で使うための乾電池もeneloopを入れ替えて利用したが、充電器(NC-TG1)側の入力電圧が100-120Vまでとなっており、現地ホテルの電圧に対応していなかったようで、充電しようとコンセントに接続した瞬間『ボン!』と音を立てて充電器がイカれてしまった模様…orz
海外での充電は要注意です。

小結:iPodtouch

元々iPodtouchは今回の旅行で使う予定は無かったんだけれど、前回と同じく、トラガワジャ側のラフティングにチャレンジした際に、現地のスタッフに前回一緒にラフティングをしたガイド(?)について特徴を話すけど全く伝わらず、iPodtouchに転送してあった写真を見せると、みんな一発で誰だか解った(^ ^)拙い英語力を写真がカバーしてくれました。
残念ながら前回一緒に川を下ったスタッフは居なかったけれど。。。

帰りの飛行機を待ってる間、デンパサール空港内に無線LANが使えるんでは…?
と思って試してみたところ、空港内のHOTSPOTを無料で利用することがが出来たので、Bylineでニュースを取り込んで帰りの飛行機の中でニュースを読む事が出来た。退屈な飛行機の中でこれは助かった。

平幕:SO905ics

ローミング利用だと料金が高くなるので、現地ではSIMカードを抜いておいたほど、全く利用しなかったけれど唯一『目覚まし時計』として役に立った。

戦力外:Advanced W-ZERO3[es]

当然の事ながら海外で電波が入るはずもなく、文字通り全く使うことがなかった。
残念ながら先日の端末発表会でも特に魅力のある端末が無く、利用機会もかなり落ちてきた中で毎月5,000円の維持費は安くない。
10年近く使ってきた番号だし断腸の思いだけど、今度の年間契約更新のタイミングでウィルコム回線は解約しようと思う。

全体的に言うと今回の旅行は通信環境などなどで困る事も無く、デジタルライフという面では何不自由ない生活だったと言える。
日別の詳しい記録は別途お伝えします(^ ^)