FSKAREN for WindowsMobileを購入した。

スポンサーリンク

なんだかんだとEMOMSTERを触る機会が増えてきたのと同時に、日本語変換があまりにもストレスフルなのでFSKARENを購入してみた。

FSKARENはOEMで様々なメーカーのケータイに採用されていて、FSKAREN自体の名前はメジャーじゃないけど、実はあのケータイには入っているんです。という事は結構多い(らしい)

個人的な要件としては、QWERTYキーで入力する場合には予測変換とかは不要で、基本的には変換精度が高ければ満足ではあるんだけど、FSKARENには昨今のケータイで基本機能になっている予測変換、連携予測だけでなく、AI予測変換(次の文章を予測して候補を表示する機能)などが備わっており、若干機能を持て余してしまっている(>_<)
FAKARENの変換技術についてはコチラに詳細が記載されている。

その割には、『n』を二回入力しないと『ん』にならずに『n』のままだったりと、MSIMEとの挙動の違いに戸惑うことも多い。

というわけで、とりあえず購入してから1時間くらいの感想としては、FSKARENはタッチパネル非対応のStandardにも対応しているので、海外端末での日本語入力には絶大な効果を発揮するかもしれないけど、日本語の変換だけを評価するならさほど評価できない

というよりも、ケータイでの入力時に『キータッチ数を少なくする』という発想のFSKARENの本領は10キーで発揮されるのであって、10キーのないEMONSTERとの組み合わせは最も相性が良くないのかもしれない。