sbupdate.exeが終了するエラーに対応してきた

スポンサーリンク

義父の会社のPCで、Internet Explorerを使っているとエラーが発生してしまうので、対応して欲しい。

と依頼されたので、土曜日に対応してきた。

エラーの発生確率は100%という事で、きっちり理由があるエラーだと思って、エラーが発生する手順を再現してもらったところ、特定のWebサイトを閲覧すると、アプリケーションが異常終了するという問題だった。

異常終了したアプリケーションのファイル名『sbupdate.exe』(見たこと無いファイル名だ…)で検索すると、以下の情報にたどり着く。

『2006年4月~2007年1月発表モデルでInternetExplorerを起動するとsbupdate.exeのエラーメッセージが表示される場合の対処方法』

で、結局インストールしてある『PhishWall』というアプリケーションのバージョンアップをしたら無事に解決(^ ^)

こういう類の依頼は、普段使っていないマシンだし、直近で何か変更したか?というのも利用者自身が把握していないケースが多いし、原因の特定に時間がかかる事が多いんだけど、今回はすんなり対応ができたので良かった(^ ^)