自宅PCのCPU、2.4GHz⇒3.4GHzの検討中

スポンサーリンク

自宅のPCはCPUで言うとPentium 4 2.4C GHz(FSB 800Mz)を5年以上使っている。
最初は512MBだったメモリを2GBにしてみたり、HDDを高速化したりした事はあるけれど、この構成でCPUは変えてないなぁ…。

って事で、多分このPCのアップグレードとしては最後になるであろう、CPUの換装を検討中。

■自宅PC環境
マザーボード:MX4SG-N
CPU:Pentium 4 2.4C GHz
メモリ:1GB * 2(DDR 400)

WikiPediaの『Pentium 4』の項目(Wikipedia)によると、NorthWoodコアでの最高CPUは3.4GHzとの事なので、理想としてはこのCPUへ換装できるとベター。
*Prescottコアは発熱が怖いのでとりあえずスルー。

販売価格を調べてみると、あんまり中古のパーツショップでも流通量が無いみたいで、Yahoo!オークションでの入手が手っ取り早そうだった。

で、落札相場はだいたい5,000円~6,000円ぐらいみたい。

『Pentium 4 NorthWood 3.4』の検索結果(Yahoo!オークション)

と色々と調べたところ、『CPUが変わって幸せになるんだっけ?』
という点に立ち戻ってみると、さほど重たい処理をしているわけでもないのに、何で必要なんだっけ?というそもそも論に立ち戻ってしまった(^ ^;

そう遠くないうちにPCを丸ごと買い替えるのであれば、このタイミングでCPU換装もなんだかなぁ…。という思いもあって迷い始めてしまった。

という事で、しばらく『CPUが高速化されたらどうなるか?』を考えつつ、自宅PCを触ってみようかなと。