Skypeの通話回数は1日に何回?

スポンサーリンク

Gmailに加わった通話機能の初日の通話回数が100万回を突破。というニュースがあったので、
『じゃSkypeって1日に何回通話されてるの?』を計算してみる事にした。

グーグルの「Gmail」通話機能、初日の発信回数が100万回を突破 – CNET Japan

結論から言うと、Skypeでの1日の通話回数そのもののデータは公開されているものが見つからなかったので、推定で計算をしてみる事に。データソースは下記記事より。

Skypeは世界最大の国際電話キャリヤ―国際通話の12%を占める(TechCrunch JP)

今年1月に発表されたデータによれば、

2009年には世界中の国際通話の12%を占めていたことがわかった。これは2008年にくらべて50%の急増だ。下に掲載した円グラフのとおり、全世界の国際通話時間、4060億分のうち540億分がSkype通話だった。国際電話のキャリヤにとっては脅威の数字だろう。

国際通話だけで、1年間で540億分がSkypeで通話されている事になる。

で、これが何回通話されているの?をざっくり計算すると以下の通り。

1通話当たりの時間 通話回数(年間) 通話回数(1日)
5分 10,800,000,000 29,589,041
10分 5,400,000,000 14,794,521
15分 3,600,000,000 9,863,014
30分 1,800,000,000 4,931,507
150分 360,000,000 986,301

1通話当たりの時間がブラックボックスではあるもの、仮に15分とすれば、1日当たり約1,000万回で年間36億回の計算になる。(しかも、国際通話だけで)

で、Skypeの1日当たりの通話回数が借りにGmailと同じ水準だとすれば、1通話当たりの通話時間が150分(2.5時間)の計算になるので、いくらなんでもそんなに長電話する事は無いでしょう。(しかも1通話当たりの平均で)という点と、これが国際通話のみのデータである点を考えると、Gmailの通話機能に対して、現時点でのSkypeの利用規模がどれだけ大きいのか測るひとつの指標になるなぁ。と思った(^ ^;