東海道新幹線で途切れることなく通話可能か?を実験したい

スポンサーリンク

いつか検証したいなー。と思いながら検証出来ていない事として、

『東海道新幹線で移動中に音声通話は途切れずに行えるのか?』

という実験をやってみたい。
もうすでに誰かやってるのかもしれんけど、自分自身でやってみたいなという事で(^ ^)

■検証したい事
・東海道新幹線での移動中、docomo回線同士で音声通話を途切れなく行う事は可能か?
・東海道新幹線移動中、FOMAプラスエリア対応/非対応による電波状況の差はどうか?
*こっちはどっちかと言うとおまけ

■検証方法
同一ファミリー割引に加入している回線を2回線用意し、音声通話したままの状態で新幹線に乗り、新幹線移動中に通話が途切れる事が無いか確認する。

また、FOMAプラスエリア非対応端末を用意し、プラスエリア対応端末との電波状況の差を確認する。

■用意必要なもの
[回線]
docomo回線 * 3
⇒うち、ファミリー割引加入回線が2回線/FOMAプラスエリア確認用が1回線

[端末]
FOMAプラスエリア対応端末 * 2/非対応端末 * 1
⇒FOMAプラスエリア対応端末同士で通話状態を続けながら、プラスエリア非対応端末の電波状況をチェック。

[電源]
eneloop mobile booster * 2
⇒一つでも足りるかもしれないけれど、念のため二つあると安心(^ ^)というか二つ持ってるのでどうせなら使おう。という話。

[その他]
Bluetoothヘッドセット
⇒流石に連続通話中ずっと端末を耳に近付けているわけにもいかないので、Bluetoothヘッドセットが必要になりそう。

とまぁ、ここまで計画しておきながら実行に移せなかったのは、『普段使ってないSIMカードを家に忘れてきた』という痛恨の忘れものをしてしまったので(^ ^;

今度こそは忘れないように!という意味も込めてこのエントリに残しておこう。