『だれとでも定額』の利用機会が案外多い

12月2日という、『だれとでも定額』開始の12月3日から行われるWVS割引大幅減額ギリギリのタイミングで契約した、XPLATE(WX130S)のスペシャルモデルだけれど、思いのほか『だれとでも定額』を利用して通話する機会が多い。

直近の通話回数を集計してみると、以下のようになった。

■直近の通話回数
12月4日:8回
12月5日:2回
12月6日:7回
――――――――
 合計 :17回

通話の目的としては、主に仕事関連での連絡だったり、ドコモの家族間定額の対象にならない、実家の固定電話への通話など。

『だれとでも定額』が早速活躍した | shimajiro@mobiler

というエントリでも書いたけれど、僕の場合『だれとでも定額』は、『こういう使い方がある!』というような明確な用途がハッキリしていたわけではなく、『電話のコストがゼロになったら、電話の使い方にどういう変化があるのか』という実験の意味合いが強い。

個人的には、そんなに頻繁に電話をするわけではない(と思っている)し、ぶっちゃけ『だれとでも定額』を契約する事で、既存のケータイ代が下がるということも無いとは思っていながらも、『だれとでも定額』を契約した目的は…

XPLATE(WX130S)はチープ感があるけれど、あくまでも『通話専用』と考えると、逆にそのチープ感もかわいらしくて良いかもしれない(^ ^;

『だれとでも定額』が、うまいこと使えるような使い方が見出せれば、XPLATE(WX130S)みたいに通話特化端末でBTヘッドセット対応のものが出たら追加で契約してみるのも、面白いかもなぁ…とか考え中。

だれとでも定額(WILLCOM STORE)

コメント

  1. 久米 より:

    wimaxの記事では、リンクありがとうございます。

    おおーSSIDで鬼ごっこいいですね!
    すれちがったーってまだありましたっけ?プライバシーうんぬんでなくなったような気がしたのですが。

    あれが出てきたのがandroid初期のまだ普及する前だったのであんまり反応しなくてそのときは微妙でしたが、今やるとたのしそうですね(∩´∀`)∩