マカオで利用中のCTMの定額データ通信用プリペイドSIMカードのまとめ

スポンサーリンク

マカオの滞在中に利用するCTMの定額データ通信用プリペイドSIMカード(5日用)を入手したので、CTMのデータ通信用プリペイドSIMカードに関する情報のまとめ。

■購入したCTMの定額データ通信用プリペイドSIMカード

*BEST Mobile Broadband Pass(5-Day)の文字が確認できる。

■購入情報
購入商品:Best Mobile BroadBand Pass(5-Day)
購入場所:CTM Nam Van Shop
購入価格:180 MOP(約 1,800円)

  1. 入手場所
  2. マカオのフェリーターミナルなどでは、1日用のプリペイドSIMカードは販売されていたけれど、5日用が販売されていなかったため、最終的にマカオにあるCTMのショップで入手した。

    場所は以下のあたり。
    CTM Nam Van Shop (GoogleMap)

    GoogleMapのストリートビューでも確認可能。

    大きな地図で見る
    *ちなみに、ストリートビューで確認できる3のショップは、無くなっていたのか現地で確認できなかった。

    CTMの店舗にあるSIMカードの自動販売機でも、1日用のSIMのは販売されており、5日用は置いてなかったけれど、カウンターで確認したところ、在庫が多数あることを確認した(^ ^;

    フェリーターミナルの自動販売機などで、1日用のデータ通信用SIMカードは見かける機会が多かったけれど、5日用のSIMカードはCTMの店舗以外では入手することが出来なかったので、下記のCTMの店舗リストなどを参考に、CTMのお店で入手するのが確実と思われる。

    CTM – Locate Us

    ■1日間使えるデータ通信用SIMカードが販売されていたお店
    ・マカオ フェリーターミナルの自動販売機
    ・タイパ島 フェリーターミナルの自動販売機
    ・マカオの街中にあるケータイショップ
    *5日間使えるSIMカードは、いずれの店舗でも見つからずだった。

  3. 販売価格&内容
  4. 購入した『Best Mobile BroadBand Pass(5-Day)』は読んで字の如く、5日間の定額データ通信専用のSIMカードで、通話やSMSの利用は不可能なデータ通信専用カードなので、音声通話が必要な場合は別途音声通話用のカードを入手する事をオススメ。

  5. アクティベーション方法
  6. SIMカードを挿した状態のハンドセットから、”1773″にSMSを送信する事でアクティベーションが完了する。
    アクティベーションが完了すると、すぐにSMSが送信されて登録が完了した。

    ■アクティーション完了時に受信するSMS

    英語と広東語で、アクティベーション完了のメッセージが送られてくる。
    *登録したのが10月27日で、期限が11月1日になっているのがSMSで確認できる。

  7. APNを設定する
  8. アクティベーションが完了したら、接続する端末上でAPNを以下のように設定する。
    設定方法は各端末の設定方法を確認。

    APN:ctmprepaid
    ユーザID:空白
    パスワード:空白
    *SIMロック解除済みのGALAXY S2(SC-02C)でSMSを送信し、アクティベーションを行なってみたところ、自動的にAPNが上記のように設定されていた。

  9. 端末を再起動する
  10. 上記のAPNの設定が完了したら、端末を再起動する事で、データ通信を利用する事が可能になる。
    APNを設定しても、すぐに通信は出来ず端末を最起動しないと接続されかったので、一瞬ヒヤっとした(^ ^;

    SIMカードの入手にあたって参考にさせていただいた下記のBlogでは、CTMのプリペイドSIMカードはアクティベーション完了後、30分ほど時間を要した。
    と書かれているけれど、僕の場合は端末を再起動したらすぐに使えるようになっていた(^ ^)

    マカオでiPhone4/iPad向けプリペイドmicroSIMカードを購入する。 – Mobile Fan blog

    また、CTMはアクティベーションが完了後、データ通信が有効になるまで30分程度時間かかったため、筆者はHutchison MacauのプリペイドSIMカードをおすすめしたい。