EMOBILE LTE GL02P ファーストインプレッション

EMOBILE LTE対応のモバイルWi-Fiルータ『GL02P』を使い始めてから数日が経過したのでファーストインプレッション。

通信速度&エリアについてはまだほとんど試せていないので、そのあたりは別途まとまったタイミングでエントリにする予定で、今回は主に端末としての使い勝手が中心。

  1. SIMロックフリーは嬉しい仕様
  2. EMOBILE GL02PはSIMロックフリー 国内docomo SIMでも通信が可能 | shimajiro@mobiler
    というエントリを書いた通り、GL02PはGP01/02などのイー・モバイル端末と同様にSIMロックフリーな仕様となっており、国内のdocomo SIMでも通信する事が可能。海外でも周波数さえ対応していれば、現地SIMカードを入れて利用する事ができるのは嬉しい(^ ^)

    docomoのSIMロック解除が『店頭での手続きが必要かつ有料』なのに対して、イー・モバイル端末では『最初からロックフリー』なので、面倒な手続きが不要なのも、docomoのSIMロック解除と比べると嬉しいポイント。

    ■GL02P + docomo SIMでの接続を確認

    ※ただ、対応している周波数の関係で、Xi契約のSIMカードを挿してもXiにはつながらず、FOMAでの接続になった。

  3. 接続先APNがディスプレイ表示されるので安心
  4. GL02Pでは、電源ボタンを押すと、接続中の事業者名⇔接続中のAPN名を切り替えて表示する事が可能になっているので、接続先のAPNがわかりやすくなっている。

    ■接続中のAPNをディスプレイに表示

    SIMロックフリーになる端末で国内で入手がしやすい端末としては、イー・モバイルから発売されているPocket WiFiシリーズとdocomoの発売するL-09CとBF-01Dがあげられるけれど、接続先のAPNをディスプレイに表示する事ができるのは、GL02Pが初かと思う(もしかしたらGL01Pも同じ仕様かもだけれど未確認)

  5. 接続先APNの切替はルータ管理画面へのログインが不要(アクセスは必要)
  6. GL02Pで地味に嬉しい仕様として、接続先APNの設定変更にルータ管理画面へのログインが不要となっている。
    ※ログインが不要なだけで、ルータ管理画面へのアクセスは必要。アクセス後にユーザ名/PWを入れての認証が不要という意味。

    ■ユーザ名/PW入力前の画面でAPN切替が可能

    SIMロックフリーなので、他社のSIMカードと入れ替えて使う。というような使い方をする場合に、ルータの管理画面でのユーザ名/PW入力が省けるのは地味に嬉しい(^ ^)

  7. 起動/終了に必要な電源ボタンの押し時間が長い
  8. GL02Pの起動、終了に必要な『ボタンの押し時間』がやや長い。

    電源ON状態:2秒でWi-Fi OFF ⇒ 5秒ぐらいで終了
    電源OFF状態:7秒ぐらいで電源ON ⇒ 15秒ぐらいで通信可能

    電源ON状態だと、Wi-FiのON/OFF切り替えが速いので、電源を落とすというよりはWi-FiのON/OFFで運用していく方が使い勝手が良さそう。

    無線LANをOFFにした状態でも、連続350時間待機する事ができるのでわざわざ電源OFFにする理由がそれほど無いという面も含めて、使わない時はWi-FiをOFFで、使う時はWi-FiをONにして利用する。という使い方を想定しているのかなぁ。と感じる。

  9. 充電時間がやや長い
  10. 充電時間の細かいチェックはしていないけれど、GL02PはPocket WiFiシリーズの前モデルGP02/GP01などと比べて充電時間がやや長い。
    バッテリー容量が3,000mAhと大きくなっているので、このために充電に時間がかかるのかなと思うのだけれど、GP02などなどと比べると充電時間は長く感じた。

  11. 充電状態がディスプレイ表示のみ(LEDなどが無い)
  12. GL02Pで不便なポイントとしては、前述の充電時間が長めである点に加えて、充電中の状態表示がディスプレイでの表示のみとなっており、ディスプレイが消灯している状態だと、端末が充電中なのか充電完了しているのかが不明となる。

    ■充電中を示す表示がディスプレイのみ

というわけで、充電まわりにはやや不満があるものの、全体的にはイー・モバイルのPokcet WiFiシリーズとして蓄積された経験の中で、細かいけれど改善されたポイントが多いように感じていて、使い勝手が良い端末。という印象。