2012年5月 バンコク&クラビ旅行に持って行くデジモノ

スポンサーリンク

18日(金)の羽田発深夜便にて、1週間ぐらいタイのバンコクとクラビへと旅行。
と言うわけで、今回の旅行に持って行くデジモノの紹介。

ちなみに海外旅行という意味で言うと前回の旅行は2011年のマカオ&香港旅行。
そのときのエントリは以下(年末の荷物紛失の前だ…orz)
2011年10月のマカオ&香港旅行に持っていくデジモノ | shimajiro@mobiler

  1. モバイルデバイス
  2. 今回の旅行に持って行くハンドセット端末は4台

    写真左から順番に、
    ・F-09C(docomo) SIMロック解除済み
    日頃からおサイフケータイ&音声通話用に常用しているF-09C。

    SIMロック解除済みではあるけれど、海外ではアクセスポイントモードで使う事も出来ないので、日本を出たら特に使う予定は無いのは残念で、用途としては完全に国内専用の予定(^ ^;

    iモード端末は、先日行われたdocomoの2012年夏モデルの端末発表会でも新機種の発表が無く、次回の端末は2012年冬モデルにて。という事で、全体としては完全にスマートフォンシフトしてしまったというのは、一抹の寂しさを感じずにはいられない…。

    ・iPhone 4S(SIMフリー版) 64GB
    香港・マカオ旅行で先達広場で購入したiPhone 4S(SIMロックフリー版)

    購入時のエントリは以下。
    SIMロックフリーのiPhone 4Sを香港の先達広場で購入してきた | shimajiro@mobiler
    購入時は約8.6万払ったけれど、今はいくらぐらいで買えるんだろう…。かなり安くなってるんじゃ無いかなぁ。

    国内ではXi契約のdocomo SIMを挿してあれこれ使っているけれど、海外旅行中に便利なのは旅行関連のツールが充実しているからで、予約した飛行機の情報などをアプリケーションで管理する事が可能なのは旅行に便利で、このあたりのアプリケーションの完成度はAndroidよりも高いと思って、旅行中にはかなり役に立つ。

    旅行関連のアプリケーションは非常に便利なんだけれど、最大の不満は、地図情報がGoogleMapのスターと同期しない事で、位置情報の補足が速くて正確なだけに、ここだけは非常に勿体ないというか改善して欲しいなぁと感じるポイント。
    近いうちにApple独自のMapサービスに変更されるという話もあるけれど、どうなるんだろう…(^ ^;

    ・EMOBILE GS01(SIMフリー)
    今回の旅行で使うAndroid端末を何にしようかと悩んでいたところ、ちょうどタイミング良くお借りする事が出来たのがEMOBILEのGS01。

    EMOBILE端末という事で元々SIMロックはかかっていないのは海外で使うにあたって嬉しいところ(^ ^)

    あんまり目立っていないけれど、スペック的にはかなりハイスペック端末と言うことでファーストインプレッションとしてはなかなか好感触(^ ^)

    ・au MOTOROLA PHOTON ISW11M(ロック解除済み)
    去年の12月に契約したMOTOROLA PHOTONをロック解除した状態で持って行く。
    どちらかと言うとスペック的にはGS01の方が使い勝手がよさそうだけれど、普段使っている環境が整っているので、念のため持って行く。

    ロックは解除済みだけれど、docomo SIMを使って接続をした事は検証ぐらいでしかないので、実際に海外で使うのは初めてで、どれぐらいの頻度で使うかは未定(^ ^;

  3. モバイルルータ
  4. 今回持って行くモバイルルータは4台

    ・BF-01B(ロック解除済み)
    普段は利用機会がほとんど無いBF-01Bだけれど、国内でも田舎のエリア(FOMAが速い)だったり、海外旅行では普通にバッテリーの持ちの良いモバイルWi-Fiルータという事で重宝している。

    標準でクレードルが同梱されているので、国内のホテルで無線LANが無くても、客室内で有線LANさえ使えれば、客室内を無線LAN環境で利用する事が可能になるので、まだまだ使い道は幅広くて手放すことの出来ない一台。お気に入り。

    ・docomo BF-01D
    GALAXY Noteとのセット契約で端末代0円で入手してきたBF-01Dを早速使っている。
    BF-01D&GALAXY NoteをMNP2契約で0円で入手完了 | shimajiro@mobiler

    こちらはSIMロック解除などなどを行っていないので、国内移動中の回線としての利用に限定。
    BF-01Bはかなり満足度が高い製品だったけれど、BF-01Dについてはやっぱりバッテリ消費は『かなり早い』と感じる事があるので、1日使うつもりなら予備バッテリが必須だなぁ…。というのが率直な感想で、あとは端末が重くてごつい。という点ではかなり『モバイル性能』は低いかなと(^ ^;

    ただ、それでもBF-01Dを購入したのは前代の『BF-01B』のデキが、今でもFOMA網が快適なエリアであれば、BF-01Bを使うのが、モバイルWi-FIルータでは一番快適な環境かもしれない。と思っているほどに良い製品だったからだったりする。

    ・EMOBILE GL02P(SIMロックフリー)
    国内でEMOBILE LTE用に使っているGL02Pも、元からSIMロックがかかっていないモデルという事で、海外でも利用する機会があるかも。と

    ・WiMAX WM3600R
    WiMAX対応ルータはWM3600R。
    UQ Wi-Fiなどのサービスを使わない見込みが高い時は、基本的にはURoad-SS10の方が使いやすいかなと思っているけれど、今回は空港などなどでUQ Wi-Fiを使う機会がるかも。という事でWM3600Rを選択。

  5. タブレット
  6. タブレットで持って行くのは『新しいiPad』のWi-Fiモデル 64GB。
    ※写真は取り忘れたので割愛

    飛行機で見る予定の映画を何本かDLしておいたり、現地でも町を移動中にWebサイトで情報収集したりと利用する予定。

    最近よく思っているのは『何かを調べる』という用途では、ノートPCよりもタブレットの方が手軽で、仮に僕がBlogのエントリを書くという事が無ければ、基本的にはタブレットさえあれば、旅行期間中の調べ物だったりFacebook/Twitter利用であれば何ら問題ない。
    と思っているところで、むしろ画像をその場で大画面で見せる事が可能などなどの用途では、ノートPCよりもタブレットの方がダンゼン使いやすい。

    タブレットがコミュニケーションのツールとして使い勝手が良いなぁと思っているのは、相手にその場で『ハイ』って手渡しやすいし、画面にタッチして操作するのが簡単なので、受け取る側も戸惑う事が少ない。というあたりが理由かなぁと。

    僕の中では、『旅に役立つツール』としては持ち運びしやすさ&どこでも使えるという携帯性の面で、ノートPCよりもタブレットの方が重要と思っている。
    ※言うまでも無く、もっと重要なのは接触回数が多くて、電話にも使えるスマートフォンだけど。

  7. ノートPC:MacBook Air11インチ
  8. ノートPCはMacBook Air11インチ。


    ※iPadと同じく、画像は取り忘れたので前回の香港旅行時のを拝借(^ ^;

    プライベートな時間という意味で言うと、最近はデスクトップPCを触っている時間よりも、よっぽどMacBook Airを触っている時間の方が長くて、Blogのエントリを書いたりWebサイトを見たり、基本的な操作がストレス無く行える。という意味のツールとしての満足度は高いし、モバイルという意味でもギリギリ町歩き用のバッグに収納する事も可能なので、サイズとしても持ち運ぶには11インチが絶妙だなぁと思ってる。

    最近、MacBook Airを使ったBlogエントリの更新が行いやすくなったのは、テキストエディタの『CotEditor』を使い始めたからで、標準のテキストエディットと比べるともろもろ使いやすくて、Windowsでは秀丸を使っていたけれどMacのエディタはCotEditorでしばらく定着しそう。

    CotEdtiorのご紹介は以下より。
    Mac用テキストエディタ「CotEditor 1.0.1」