LCCの激安セール航空券を『購入』するための準備5つ

スポンサーリンク

LCCの激安セール情報を確実に手に入れるための方法5個 | 格安航空会社jp(LCCjp)
というBlogエントリが話題になっているのを見かけたけれど、LCCのセール情報の入手までは実はそれほどハードルが高くなくて、そっから先の『どうすれば購入出来るか』が書かれていなくて、なんだかもやもやしたので、『購入するための準備』についてまとめてみる。

まずは、冒頭で紹介したエントリのように『情報収集で遅れを取らない事』がスタートラインに立つための最低条件。情報収集で遅れを取ると『気がついたらセールが開始していた』とか『気がついたらセールが終了していた』なんて事がフツーにあるので、遅くとも発売開始の数時間前には、セール対象となる区間、日程、運賃などを把握しておく事が必要。

本題は、ここから先の『どうやって購入するのか』について。
基本的には激安キャンペーンセールの場合は、発売開始以降はヨーイドンでのスピード勝負なので、基本的な考え方としては『販売開始から、購入手続完了までの時間を極力短くする』事が必要で、具体的な準備としては以下。

  1. 発売開始前に、予約する区間/日程を予め決めておく
  2. セール中の航空券を取得するために一番重要なのは『セールが開始された後は予約操作に専念できるように準備をする事』で、予め予約する区間や日程などなどを決めておかないと、販売開始後に日程などなどを迷っている間に航空券が完売してしまうので、日程は予め決めておかないと、予約する事は難しい。

    対象となる区間や日程などのキャンペーンセールの情報は、基本的には発売が開始される前に発表されるので、販売が開始される前に、対象となる区間や日程の候補を複数用意しておくとベター。
    複数用意しておくのは、第一希望での予約が出来なくなってしまった場合などに備えての準備で、セールが開始されてからは『予約する日程を考える』ための時間を極力使わないようにするため。

    当然のことだけれど、連休が絡むフライトや、木曜日や金曜日の出発便/土曜日や日曜日の帰着便は人気が高く、どうしても予約が取りにくいので、このあたりとは関係が無い日程を候補に入れておくのもスケジュール次第では検討する価値があるかなと。

  3. Webサイト上での予約操作の流れを確認しておく
  4. Webサイトのどこに必要な情報が表示されて、どこを操作すれば予約操作を行う事が出来るのか、セールが開始される前に確認して、セール開始後の予約手続をスムーズに進めるための予行練習をしておく事で、購入手続までに必要になる時間と労力を小さくしておく。

    この準備をしていないと、不意のタイミングで予想していなかったオプションなどが表示されたりするので戸惑ったり、必須では無い座席指定で時間を費やしてしまったりする事があるので、かなり重要な準備と思う。

    Webサイトが母国語で説明されているならまだしも、もともと英語表記だったり突如として英語表記になったりする事がたまにあるので、どこで何が表示されるのかなどを、前もって確認しておくとスムーズ。

  5. 各種オプションは『とりあえず予約しない』
  6. 考え方は人それぞれと思うけれど、僕の場合は『航空券を抑える事』が第一優先になるので、

    ・機内食
    ・座席指定
    ・受託手荷物の追加

    などなどの各種オプションはひとまず一切申し込みをしないで『航空券の購入だけを最優先で進める』という方法で予約をしている。

    オプションを申し込まないのは、購入完了までに必要な時間を短縮するのと、オプション自体はそれほど高いものでもないし、仮に購入した航空券をキャンセルしてもオプション代は返金される事が(恐らく)無いので、まずは航空券を購入してから、実際にその日程で旅行に行ける事が確実になった段階で、改めてオプション予約をしても良いかなと考えているためと、そもそも『オプションは適用出来なくても構わない』と考えているため。

  7. パスポート番号や生年月日など、搭乗者情報を整理しておく
  8. 航空券を購入する時点でパスポート番号や生年月日などの搭乗者情報を入力する必要があるWebサイトが多くあるので、

    ・パスポート番号
    ・生年月日

    などなど、搭乗者の情報を整理しておく事が必要になる。
    パスポートの控えを予め持っておくと良いかも。
    ※実際、僕は家族のパスポート情報は常に参照できるようにしてあるし、ほぼ暗記しつつあるような状態(^ ^;

  9. クレジットカード情報など、購入手続に関する情報を整理しておく
  10. 最後に重要なのが、クレジットカード情報など、購入手続に関する情報を整理して、すぐに参照できるようにしておく事。

    LCCのセール航空券は決済までの購入手続が完了しないと予約完了とはならないので、カード情報など支払情報の入力時間も短縮する必要があるので、搭乗者情報と同じように、購入に必要な情報も整理しておくと、予約完了までの流れがスムーズ。

と言うわけで、一言で言うと、日程、搭乗者情報、決済情報を予め整理してまとめておいて、販売開始されたらとりあえず購入操作を迅速に実行!という感じ(^ ^;

ちなみに、LCCのキャンペーン航空券は去年あたりから多数購入していて、一覧にするとこんな感じ。

■ジェットスター航空:成田⇔ゴールドコースト/マニラ
ゴールドコースト、ケアンズ:500円/片道の航空券予約
ジェットスターの500円/片道航空券を予約してみた | shimajiro@mobiler

■エアアジアX:羽田⇔クアラルンプール
羽田⇔クアラルンプールが 5,400円/片道の航空券予約
エアアジアの羽田⇔クアラルンプール線の増便記念キャンペーン 5,400円/片道チケットを予約してみた | shimajiro@mobiler

■Scoot:シンガポール ⇒ バンコク
シンガポール ⇒ バンコクを片道約3,700円で予約
シンガポールのLCC『Scoot』でシンガポール ⇒ バンコクを約3,700円で予約してみた | shimajiro@mobiler

■エアアジア・ジャパン:成田⇔札幌/福岡/沖縄
エアアジア・ジャパン国内線就航記念 5円/片道チケットを予約してみた | shimajiro@mobiler

■ジェットスター・ジャパン:成田⇔札幌/福岡/沖縄
ジェットスター航空 国内線就航記念のセール 国内線全線1円/片道チケットを予約してみた | shimajiro@mobiler

コメント